2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

最新記事

【緊急★お知らせ】来月の街宣が延期になりました(11月5日→11月12日)

kage

2017/10/19 (Thu)

延期 500

【緊急★お知らせ】

来月、5日に予定しておりました大型街宣ですが、
諸般の事情により誠に勝手ながら
日程を変更させていただくことになりました。

※11/5→11/12に変更

日時:平成29年(2017)11月12日(日曜日)
   午後2時〜4時 雨天決行
場所:名古屋駅 桜通口(東口)

※プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)
※国旗は用意してあります。それ以外の旗類・拡声器の持ち込みはご遠慮下さい。
※集会後、懇親会あり(希望者のみ*参加費5000円*要予約)

登壇予定者(敬称略)
水島総
三輪和雄
村田春樹
(10/20現在)


どうぞ、よろしくお願いいたします。

主催:頑張れ日本! 全国行動委員会 愛知県本部

頑張れ日本300愛知kuro2

[問い合わせ]
080-1629-8080(林) 
090-7034-3280(水野)

__________

【大型街宣・名古屋】

▶憲法改正の実現!(頑張れ安倍政権!マスコミに負けるな!)
▶日本国民よ!マスコミの嘘に騙されるな!
(ワイドショーは肝心なことは伝えない)
▶メディアと反日勢力による悪質な印象操作
(ねつ造、隠ぺい、誘導、これは報道テロだ!)


※11/5→11/12に変更

平成29年(2017)11月12日(日曜日)
 03延期_201701105_憲法改正 白黒

登壇予定者(敬称略)

水島 総頑張れ日本!全国行動委員会 幹事長/日本文化チャンネル桜 代表)
水島総 200

三輪和雄日本世論の会 会長)
三輪和雄 ブルー 200
チャンネル桜「頑固亭異聞」http://www.ch-sakura.jp

村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会 会長)
村田春樹 200
・TBS偏向報道糾弾大会実行委員会 実行委員長 村田春樹
Youtube TBS偏向報道糾弾大会・デモ2017/9/9デモ後

中宮 崇(名古屋在住ライター)
中宮崇 200
オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」
執筆者:中宮 崇 http://ironna.jp/blogger/19

※上記以外の登壇者のお名前は決定次第お知らせします。

==========

==========

==========

==========

▼▼▼去年の大型街宣と一昨年の緊急街宣▼▼▼

2016チラシ250

告知【2016/11/6】外国人雇用特区反対!日本に移民はいらない!【名古屋・街宣】

2016年 大型街宣

http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-668.html
■2016/11/6 大型街宣 動画
平成28年11月6日村田春樹氏 街宣 名古屋駅前 修正版

==========
==========

2015チラシ250

◎2015年 2017-09-06 緊急街宣 予告ちらし
(マスコミは反対派の意見を集中的に流して終わった)
     ↓
【第179回街宣】9/12 平和安全法制 賛成!緊急国民行動 in NAGOYA のご報告
(1)【第178回街宣】9/6平和安全法制 賛成!緊急国民行動 in NAGOYA 御礼とご報告
(2)【第178回街宣】9/6の安保・賛成派の行動を名古屋のマスコミはどう伝えたか?

==========
スポンサーサイト
関連記事

【衆議院選挙】頑張れ日本!全国行動委員会~総選挙に対する方針の発表[桜H29/10/9]

kage

2017/10/09 (Mon)

衆院選挙2017 頑張れ日本

たなびく国旗 Lサイズ

【衆議院選挙】頑張れ日本!全国行動委員会~総選挙に対する方針の発表[桜H29/10/9]



Yputube ニコニコ動画

水島総 三輪和雄

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

チャンネル桜
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200

●チャンネル桜 LIVE(生中継)

チャンネル桜 ニコニコ動画
niconico sakura

チャンネル桜 Youtube
chsakura_youtube_201612130218075c4.gif


【頑固亭異聞】いざ決戦!総選挙前夜[桜H29/10/9]
https://www.youtube.com/watch?v=qX40cznbqH8

キャスター:三輪和雄・佐波優子・小山和伸

【断舌一歩手前】改憲勢力の勝敗ラインは、自民250議席以上[桜H29/10/10]

キャスター:三輪和雄
関連記事

【報告】2017.10.1映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」名古屋上映会(名古屋・栄ガスビル)

kage

2017/10/08 (Sun)

【10月1日名古屋上映会】映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」

【10月1日名古屋上映会】映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」上映スケジュール [桜H29/9/27]


*開場前(2017/10/1 名古屋・栄ガスビル5階)
上映会2017_005

=================
映画「南京の真実 第三部」上映会
(平成29年10月1日、日曜日)報告

=================
*君が代 斉唱
上映会2017_004

水島総監督による映画「南京の真実 第三部−支那事変と中国共産党」上映会が、栄ガスビル5階にて行われました。入場者は230名を超え、ほぼ満席といってもよいくらいの盛況ぶりでした。上映の前に、水島総監督より挨拶がありました。

上映会2017_003

上映会2017010_001

また、愛知県犬山市出身のチャンネル桜キャスター・水野久美さんが会場に足を運んでくださりました。

上映会2017_002

★★★★★★
【世界は今… #74】ラスベガス銃乱射事件/カタルーニャ独立住民投票の混乱/仏・戒厳令の延長、マクロンその後と社会党崩壊、ロレアル創始者一人娘の遺産は?/水野久美〜世界の国鳥[桜H29/10/5]
https://www.youtube.com/watch?v=VUm5AobwvXg&t=4599s

★★★★★★

今回の映画のテーマは「支那事変と中国共産党」です。現在も世界各地で進行中の中国共産党による残忍な映像の数々には、目を覆いたくなる気持ちになりました。私は、どんな人種であっても一人一人は皆、普通の人たちなのだと思っています。しかし、組織に属した人間が思考停止して組織の操り人形と化した途端にどこまでも残忍になれるという一面も、人間には確かにあるのでしょう。

我々は定期的に街頭演説活動をしていますが、道行く人々の政治的無関心さには毎度のことながら歯がゆい気持ちにさせられます。しかし、我々はまだまだ恵まれている方だな、と映画を観ながら感じました。日本には言論の自由があって、街頭で自由な発言ができます。しかし、そのような言論の自由が全くないばかりか、仮にそんな自由を行使しようものなら銃口を向けられて命を奪われるような哀れな人々が世界中には大量に存在しているのです。中国共産党から日本を守らなければ、という想いを一層強くした次第です。

今回の映画は南京攻略に至るまでの過程において、その背後には全く思いがけない巨大な存在があったことを当時の貴重な映像を使って明らかにしていくというドキュメンタリータッチの映画です。「学校で教わった歴史って一体何だったのよっ」という突っ込みを入れたくなるような映画なのですが、まだ見ていない人のためにここでは詳細は控えましょう。実際に観ていただければ、よくわかるのです。まだの方は機会があれば是非ともご覧ください。

という訳で、以下では話題を変えて、南京研究の第一人者である水間政憲氏の最近の研究をご紹介します。

★★★★★★
【日いづる国より】水間政憲〜決定版!「南京大虐殺プロパガンダ」を完全粉砕![桜H29/9/8]
https://www.youtube.com/watch?v=1o9IU0fM78U&t=646s


完結「南京事件」--日米中歴史戦に終止符を打つ 単行本 ? 2017/8/25 水間 政憲 (著)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784828419688

★★★★★★

水間氏によると、南京城内で民間人と特定できる死者数は「40万人」ではなく「34人」だったことが決定的証拠によって証明されたとのことです。いわゆる南京大虐殺なるものはなかったことが完全に証明されたというのです。このように言うと、「40万人だって?中国政府の公式見解だって30万人としか言っていないのでは!」との突っ込みがありそうですが、この「40万人」というのは、かの有名な村上春樹氏が『騎士団長殺し』という小説にて展開している珍説なのです。

村上氏は共同通信のインタビューで「歴史認識はとても重要だから、しっかりと謝罪することが大切だ・・・相手国が『すっきりしたわけじゃないけれど、それだけ謝ってくれたから、分かりました、もういいでしょう』というまで謝るしかない・・・細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実だから」と述べています。しかし、歴史認識はとても重要であるからこそ、たとえ小説の世界といえどもそんな虚言を弄していい訳がないではありませんか!(日本国民に向かって)謝罪すべきは村上さん、あなたの方ですよ。これから「34人」の根拠を述べますので、しっかりと現実を直視してください。皆さん、今年も村上氏がノーベル文学賞に落選して本当に良かったですね。(個人的には、狂った脳ミソが非常ベルを鳴らして警報を発している村上氏には「脳ベル賞」を授与したい気分です。)

東京裁判の検察側は、日本軍による南京大虐殺を立証するための資料として、南京攻略の際の埋葬2団体「紅卍字会」「崇善堂」の遺体整理数を提出していました。大虐殺があれば、その後の遺体を処理する必要がありますし、埋葬団体の遺体処理数の記録は重要な証拠となるわけです。「崇善堂」の遺体処理数は112,266体と非常に大きな数字であり(それでも、30万人には全然足りませんが)、これが大虐殺の根拠と長らくされてきました。しかし、昭和60年8月10日の産経新聞に大スクープ記事がこの根拠を一挙に崩壊させて、112,266体が全くの嘘出鱈目で実際は「ゼロ」だったことが証明されました。というのも、「崇善堂」はそもそも埋葬を手掛ける団体ではなかったのです。

となると、残りは「紅卍字会」の1団体のみとなります。「紅卍字会」の遺体処理数を示す2種類の資料が東京裁判に提出されました。その一つは「図表」、もう一つは「個別」と呼ばれます。「個別」は「図表」を作成するために時系列に書かれたより詳しい資料と思ってください。両資料ともに総遺体処理数は43,071体と一致しています。また、資料では「城内」と「城外」に分けられており、城内1,793体 + 城外41,278体 = 43,071体となります。

南京攻略時、20万人の民間人は全て城内の「安全区」と呼ばれる3.8平方キロメートルの空間に集まっていました。ですから、民間人が遺体として処理されるのであれば「城内」にカウントされるはずです。水間氏が「個別」を詳細に調べた結果、城内1,793体の内訳がさらに明確となって、男1,759体 + 女8体 + 子供26体 = 1,793体であったのですが、そうすると民間人として特定できるのは女8体 + 子供26体 = 34体となりますし、これが「34人」の根拠です。

1938年4月16日の朝日新聞の北支版にも城内で1,793体とありますし、二次資料たる新聞と、一次資料たる東京裁判検察側提出の「紅卍字会」資料が全く同じ数字となっています。また、1,793体のうちの34体が民間人だと一次資料が物語っているのです。これで、南京の話はお仕舞いです。朝日も戦前はいい仕事をしていたのですね。

戦後、朝日新聞記者の本多勝一氏が南京大虐殺を捏造して世界中に蔓延させていったのですが、本多氏は戦前の朝日の関連資料のほとんどを把握していながらも、都合の悪い資料には目をつぶり、あるいは資料を意図的に誤用して「戦前、周辺諸国に迷惑かけた。日本死ね」の物語を作り上げていったのです。なんともおぞましい話ではありませんか。

★★★★★★
【水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]
https://www.youtube.com/watch?v=9y4JOIYhbfk

★★★★★★

戦後、朝日新聞は「いわゆる従軍慰安婦」「いわゆる南京大虐殺」の二大ヒットを飛ばして日本を貶める活動に邁進してきました。そんな朝日新聞ですが、2014年8月5日の紙面で「済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽」だとようやく認めました。しかし、従軍慰安婦などいなかったことを朝日新聞は最初からわかっていたはずであり、彼らはいわゆる従軍慰安婦問題を「誤報」したのではなく「捏造」したのです。いわゆる南京大虐殺についても然りです。

朝日新聞は先の大戦を「日本は軍国主義で、国民に徴用を含めいろいろなことを強制して苦しめたし、アジアの国々にも迷惑をかけた」間違った戦争と捉えており、憎むべき軍国主義を退治できるのであれば多少の間違いは許されるだろう、との気持ちで捏造を繰り返してきたのでしょう。

戦後、「あの戦争は間違っていた。私たちは二度と戦争をしてはいけないし、日本は世界に誇る平和憲法を掲げた平和国家だ」という教育をし続ければ、自分の国は自分で守ることなど想像もできない人が大量に生まれてしまい、それらの人が新聞社に就職すればこのような事態になるのは当然とも言えます。

しかし、朝日新聞という敵を作り出しては彼らを叩いて溜飲を下げるだけの結果になっても仕方がありません。彼らは戦後体制の象徴でありますが、国民全体がこの問題を真摯に考えるべきなのです。ですから国民の皆様には是非とも「南京の真実」をご覧になっていただきたいですし、物事を考えるきっかけとしていただきたいのです。「南京の真実」とは、そういう映画なのです。

(報告者 Y.U)

◎名古屋の上映会用のちらし(2017/10/1)
手作りチラシ集積サイトのうpろだ2
表 https://ux.getuploader.com/chirasihokanko/download/934
裏 https://ux.getuploader.com/chirasihokanko/download/935

上映会 表 2017_10_01

上映会 裏 2017_10_01

■映画「南京の真実」製作委員会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
電話03-5464-1937
FAX03-5464-1948
http://www.ch-sakura.jp/nankin.html
スタッフブログ(上映会スケジュール)

チャンネル桜 Youtube

◆ 映画「南京の真実」 - 製作支援のお願いとご支援の状況
http://www.ch-sakura.jp/topix/269.html
関連記事

入場無料【2017-10-1】映画「南京の真実 第三部」上映会のお知らせ【愛知・名古屋・栄】

kage

2017/09/28 (Thu)

映画「南京の真実 第三部」名古屋で上映会決定!
(10/1)入場無料

【10月1日名古屋上映会】映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」上映スケジュール [桜H29/9/27]


◎名古屋の上映会用のちらし(2017/10/1)
手作りチラシ集積サイトのうpろだ2
表 https://ux.getuploader.com/chirasihokanko/download/934
裏 https://ux.getuploader.com/chirasihokanko/download/935

上映会 表 2017_10_01

上映会 裏 2017_10_01


【2017-10-1】映画「南京の真実 第三部」上映会のお知らせ【愛知・名古屋・栄】

*水島総 監督 登壇予定

【愛知県名古屋市】

期日 平成29年10月1日(日)
   14時00分〜16時30分(開場13時30分)

入場無料(当日カンパ大歓迎)

場所 栄ガスビル 5階
http://www.gasbldg.net/hall/
〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目15-33
アクセス
※松坂屋・北館西隣

地下鉄ご利用の場合
【東山線・名城線】
「栄」駅下車 西改札口より三越方面 
   サカエチカ6番出口 徒歩5分
【名城線】
「矢場町」駅下車 北改札口より6番出口 徒歩2分

内容
・ 映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」上映
・ 舞台挨拶 … 水島総(映画「南京の真実」監督)

主催「南京の真実」上映実行委員会

(愛知・上映会)ご連絡先 TEL 052-763-4678

■映画「南京の真実」製作委員会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
電話03-5464-1937
FAX03-5464-1948
http://www.ch-sakura.jp/nankin.html
スタッフブログ(上映会スケジュール)

【製作趣旨】

南京陥落70周年の今年 (平成19年・2007年)、
米国サンダンス映画祭にて、南京「大虐殺」映画が公開されました。  
さらに、中国、カナダ、米国等で計7本の南京「大虐殺」映画製作が予定され、
全世界で公開されると言われています。歴史的事実に反し、
誤った歴史認識に基づくこのような反日プロパガンダ映画によって、
南京「大虐殺」なる歴史の捏造が「真実」として、
世界の共通認識とされる恐れがあります。
また、そこから生まれる反日、侮日意識が、
同盟国の米国だけでなく、世界中の人々に定着しかねません。

「情報戦争勃発」とも言える危機的事態に、私たちは大同団結し、
誤った歴史認識を是正し、プロパガンダ攻勢に反撃すべく、
南京攻略戦の正確な検証と真実を全世界に伝える映画製作を決意しました。
映画は英語版や中国語版等も同時に作り、世界同時公開を目指します。
また、インターネットの動画配信も実行する予定です。

この映画製作には、全国草莽の皆さんの熱いご支援ご協力が必要です。
是非、映画製作にご参加いただき、祖国日本の誇りと名誉を守りましょう。

平成19年1月(2007年)


映画「南京の真実」製作委員会
監督  水島 総
日本映画監督協会会員
日本脚本家連盟会員
日本文化チャンネル桜 代表


南京の真実

南京の真実 ちらし
映画ちらし
(表)http://www.ch-sakura.jp/images/nankin/flier01.jpg
(裏)http://www.ch-sakura.jp/images/nankin/flier02.jpg


チャンネル桜

【水島総】「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別編集版[桜H27/3/21]
https://www.youtube.com/watch?v=YTu-UZkvXCM



1/2【水島総】「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別編集版[桜H25/12/21]
https://www.youtube.com/watch?v=Q2PJg2aLMeE

2/2【水島総】「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」特別編集版[桜H25/12/21]
https://www.youtube.com/watch?v=Y5Q79OuOAK4

【英語字幕】The Truth of Nanking / The Seven “Death-Row Prisoners” [桜H27/3/30]
https://www.youtube.com/watch?v=qAA0WTfkBhc
2015/03/29 に公開
極東国際軍事裁判(東京裁判)にて裁かれ、従容として死に就いた、いわゆる「A級戦犯」7名。南京攻略戦司令官として「大虐殺」の責任を問われた松井石根大将をはじめとする7人の、刑執行を宣告されてからの最後の24時間を、ただ「事実」のみを伝える貴重な資料映像とともに、史実に忠実に描き、戦後日本が立ち返るべき原点を問うた映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」を英語字幕版でお送りします。
[脚本・編集・監督:水島総/2008年製作]

【The Truth of Nanking】 The death of "Seven Samurai” [Dec. 13, 2015]
https://www.youtube.com/watch?v=4-5ItfKF_RY
2015/12/13 に公開
極東国際軍事裁判(東京裁判)にて裁かれ、従容として死に就いた、いわゆる「A級戦犯」7名。南京攻略戦司令官として「大虐殺」の責任を問われた松井石根大将をはじめとする7人の、刑執行を宣告されてからの最後の24時間を、ただ「事実」のみを伝える貴重な資料映像とともに、史実に忠実に描き、戦後日本が立ち返るべき原点を問うた映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」。
中国が仕掛ける歴史戦への対抗手段として、内容を海外向けに絞り込んで製作した英語字幕版を、南京攻略が成った12月13日に合わせて公開します。
是非皆様のお力で世界に拡散してください!
[脚本・編集・監督:水島総/2008年製作]

◎コミック版 1937南京の真実 単行本 – 2008/11
原作:水島総 / 作画:前田俊夫
1,680円(税込) 飛鳥新社
Amazon

==============


==============

==============
▼▼▼ こちらが侮日映画「の南京」です。
▼▼▼ 参考までにYoutubeのURLを貼り付けておきます。

Nanking (2007 film) 南京 (映画)
監督 ビル・グッテンタグ
製作 テッド・レオンシス
wiki
>『南京』(英:NANKING)は、アメリカ合衆国製作で
>2007年に公開された南京事件に関するドキュメンタリー映画。
>中国で『南京』、台湾で『被遺忘的1937』(忘れられた1937)の題名でも公開された。
>日本では2009年12月13日の「南京・史実を守る映画祭2009」で上映された。

>批判
>水島総は本作(↑2007年「南京」)に対抗する形で、『南京の真実』の製作を決めた。
>同製作委員会は、米国の『南京』は歴史的事実に反し、
>誤った歴史認識に基づく反日プロパガンダ映画であると声明を出しており、
>反日、侮日意識が、世界中の人々に定着しかねないと批判している。

Youtube
'Nanking' with Woody Harrelson - Full Movie | Snagfilms
https://www.youtube.com/watch?v=jfkk-GtM_sI

==============

Youtube 上映会予告(2017/8/29)



(2017/8/29)
関連記事

[第35回 合同ポスティングご報告]第2244回(2017/9/23)

kage

2017/09/26 (Tue)

[第35回 合同ポスティングご報告]第2244回(2017/9/23)

本日は9名の有志の参加を得て、

・衆議院議員(民進党)近藤昭一 落選チラシ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-695.html
・映画「南京の真実−支那事変と中国共産党」名古屋市上映会案内(H29.10.01 栄ガスビル5F)
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-727.html

のポスティングが実施されました。

************


評論家の西部邁氏は、1年以上も電車に乗ったことがないそうです。

電車の代わりにタクシーを使うので出費も結構な額となるでしょうが、なにゆえに電車恐怖症に罹ってしまったのでしょうか?その理由は唯一つ、スマホ人の群れを眼にすると吐き気が催されてならないのだそうです。

電車の乗客の8割がスマホをもてあそび、さらにそのうちの8割がゲームとやらをやっているそうです。すると、乗客の半数以上がゲームをやっている計算となります。「死んでも治らぬ莫迦者たちに囲まれている」という不愉快な気分だけは絶対に避けたく、タクシーを使わざるを得ない、というのが西部氏の感覚なのですが、私には西部氏の気持ちが非常によくわかります。

ヨハン・ホイジンガはその著『ホモ・ルーデンス』(あそぶ者としての人間)において、あそびは「非日常の時空」で演じられるべきものであり、「真剣なあそび」がピュエリリズム(文化的小児病)を免れるには、「厳格なルール」の下に演じられるとともに「聖なる感覚」を伴うものでなければならない、と論じています。人間が生きていく上であそびは絶対に必要ではあります。しかしそれは「聖なる時間」であって、電車の中で見ず知らずの他人に向かってそんな姿を晒すのは恥ずかしいという感覚を持つのが公心を備えたまともな人間でありましょう。すなわち、電車に群れるスマホ人は、文化的小児病患者の集まり以外の何物でもないのです。

しかし、スマホをニュースを読んだり等の情報収集に使う人もいますし、新聞の代わりにスマホになったと考えればスマホを覗いても構わないだろうという意見もあるでしょう。また、そんなことを言い始めたら電車の中で新聞や書物も読めないではないか!とのお叱りを受けそうです。しかし、それでも電車の中でスマホを覗いたらいけないのです。

その新聞のどの欄を見るか、その作者のどの本を買うか、という自主的選択の姿勢が前スマホ人には多少ともあったのですが、スマホ人は適当にボタンを押して出てきた情報に受け身で反応しているに過ぎないと察せられるのです。つまり、能動(積極)と受動(消極)の違いがそこには歴然と存在しており、前スマホ人には「自分が何を読んでいるか」について車内の公衆の前に現わす姿勢がありました。よって、前スマホ人には公心の一片は残っていたと言えますが、スマホ人はなけなしの公心も蒸発しきってしまって私心のみに生きているのです。

戦後日本は「公」が迷走した社会と言えるでしょう。

電車の中でスマホを使って喋ったりメールするのが根本的に駄目な理由は、スマホの中にのめり込むことによって、スマホの相手以外との他者とのコミュニケーションを遮断しているからです。もしも、電話ボックス(最近はお目にかかりませんが)の中であれば、そこはプライベートな場所ですからいくら私的な話をしてもいっこうに構いません。しかし、電車に乗ったり道を歩くときにはそうはいかないのです。ヨーロッパの中流の階級がやっていることですが、可愛い女の子の手を引いた妙齢の奥さんが向こうからやってきて、そこでたまたま目が合えば男たるものはさりげなく笑顔で返さなければいけないのです。その笑顔に込めた挨拶の意味は、「可愛いお嬢さんの手を引いてお幸せそうで結構なことでございますね」ということです。口に出して挨拶しなくとも、道路という公の場においてコミュニケーションが成り立っているのです。

ところがスマホの場合は、スマホを耳にした途端に完全に自分の世界にはまり込んでしまって外部とのコミュニケーションを遮断してしまいます。スマホを持つということは、他者とのコミュニケーションを閉ざしてプライベートな世界に籠りますという合図となってしまうのです。とは言っても、緊急時で連絡をとらざるを得なかったり、スマホに届いたメールに即座に返信しなければならないといったシチュエーションもあるでしょうが、「スマホを人前でいじっている自分は恥ずかしい」といった自覚は忘れたくないものです。

国民は公心を忘れてはなりませんが、その国民の公心を代表するものとして政府があり、そこで働く政治家はまさしく国民の代表であるのです。それゆえに、政治家は一般人よりも「公」を優先すべきでしょうし、それだけの覚悟が必要な職種のはずです。しかし、残念ながら国会にもスマホ人が生息しているようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎下地幹郎・日本維新の会【国会中継 衆議院 沖縄北方特別委員会】平成29年5月24日
https://www.youtube.com/watch?v=jWf5nxq-TOg


まとめサイト*保守速報>2017年05月24日
【悲報】民進党・近藤昭一議員、国会の真っ最中に延々とスマホを弄り続け、終いにはツイッター更新
http://hosyusokuhou.jp/archives/48793285.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

国会質疑中、質疑そっちのけでスマホをいじりまくってTwitterを更新しているのが、我々が標的とする近藤昭一君です。

スマホをいじったり、あくびをしたりとやる気のなさが伝わってきますね。近藤君よ、君には国民の代表者たる自覚があるのかい?君は、電車に乗ったらゲームに打ち興ずるスマホ人と同様に公心が蒸発しきってしまっていて、「公」のことなんか一度も考えたことのない人種なのでしょう。というよりも、日本の国体を破壊すべくこれまで活動してきた男です。そもそも「公」の意味なんてわかるわけないのですが・・・。

総選挙が近づいてきましたが、我々はこの男を落選させることができるのでしょうか?選挙の行方をしっかりと見守りたいものです。仮に当選したとしても、我々は落選させるまでは手を緩めることはしませんので、近藤君よ、覚悟しておきなさい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎【日いづる国より】西部邁、「公」が迷走した戦後日本[桜H28/9/9]
https://www.youtube.com/watch?v=3wgAxlp3XBc&t=1019s

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(報告者 Y.U)

___________

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【頑張れ日本!全国行動委員会 東京本部】

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

===========

中国の日本侵略阻止!

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200
関連記事