FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

カテゴリ:04【報告+α】ポスティング運動 の記事リスト(エントリー順)

[第46回 合同ポスティングご報告]第248回(2018/09/24)●安倍総理が三選●消費増税凍結!財政フル出動を!

kage

2018/09/25 (Tue)

[第46回 合同ポスティングご報告]第248回(2018/09/24)

●安倍総理が三選●消費増税凍結!財政フル出動を!


本日は10名の有志の参加を得て、

・移民反対チラシ
・安倍首相を激励しようチラシ
・マスコミに騙されるなチラシ
・南京大虐殺はなかったチラシ

等の様々なチラシのポスティングが実施されました。9月なので割と涼しく過ごしやすいのでは、とポスティング前は勝手に想像していましたが、本日は割と暑い一日となりました。しかし、来月のポスティングはさすがに涼しいと思います。本日は今年最後の「暑い最中」のポスティングだったのでしょう。一緒に汗を流してくださった皆様には感謝申し上げます。来月も頑張りましょう。


***********

さて先日、安倍総理が三選を果たされました。

❀チャンネル桜
【自民党総裁選】安倍晋三総裁・3選後記者会見[桜H30/9/20]
https://youtu.be/7D-RY2KYc8U


安倍総理には様々な期待があるでしょう。憲法改正、原発再稼働などなど、今の日本にはやるべきことが多々ありますが、私はやはり「消費増税凍結+財政フル出動」によるデフレ脱却を切に願います。


●消費増税凍結!財政フル出動を!
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12406463210.html

仮に消費税を10%にしたとしても、増税分以上に政府が支出を拡大すれば景気は低迷しません。つまり、「財政支出 > 税収」とすれば問題はないのです。しかし、政府は「財政支出 < 税収」にしようとこの20年間誤った舵取りをしてきたのですから、日本がデフレから脱却できないのは当たり前の話です。「財政支出 < 税収」とは「税収 - 財政支出 > 0」と同じことですが、この「税収 - 財政支出」をプライマリーバランスと言います。プライマリーバランスを黒字化しようとして消費税を増税したり財政支出を削減すると日本は亡国に至るのです。

◆◆◆藤井聡◆◆◆satoshi-fujii.com◆◆◆Youtube◆◆◆

◆【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」、その7つの理由
https://38news.jp/economy/10378

「消費税が上がるのは嫌だけど、国の借金が膨大に膨れ上がっているから増税もしかたない」と思っている国民も多いのではないでしょうか。この「日本は借金だらけでそのうちに財政破綻するから消費増税やむなし」とは財務省のロジックなのですが、これが実は大嘘なのです。また、官僚だけでなく経済学者にもそのように国民の不安を煽る者が多く、東大出身の官僚や東大の経済学部教授が言うのだから真実に違いないと勘違いする国民も多いのですが、騙されてはなりません。彼らは嘘つきなのです。

◆[2018.5.7放送]藤井聡 あるがまま日本・京都 ~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
「日本の借金」のウソが、日本を滅ぼします。
https://youtu.be/3mTicXU6RYI


◆[2018.5.14放送]藤井聡 あるがまま日本・京都 ~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
「経済学者のウソ」が、日本を滅ぼします。
https://youtu.be/iiJv0UYAov8


◆[2018 6 4放送]藤井聡 あるがまま日本・京都 ~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
知って下さい、プライマリーバランス亡国論
https://youtu.be/r0W00ZfUzHk


◆[2018 7 2放送]藤井聡 あるがまま日本・京都 ~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
巨大地震で、最貧国に転落する日本
https://youtu.be/_RuAAPBdEDY


◆[2018 7 16放送]藤井聡 あるがまま日本・京都 ~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
「人の命」より「財政規律」を守るという政治犯罪
https://youtu.be/JrIa_XIdyH4


◆◆◆藤井聡◆◆◆satoshi-fujii.com◆◆◆Youtube◆◆◆

「国民1人あたり800万円」といった「国の借金」のニュースがたまに報道されます。こんなニュースを聞くと、800万円も返さないといけないのかと焦ってしまうかもしれませんが、違います。国民は「借りている」のではなくて「貸している」方なのです。そもそも「お金の貸し借り」は借りる人と貸す人の両方がいなければ成立しません。我々は「国民1人あたり800万円」ものお金を「政府」に貸しているのです。

「そんなに貸した覚えはない」と思われるかもしれませんが、我々は銀行にお金を預けていることを思い出してください。そして、そのお金がその後どうなるかを考えると謎が解けるのです。銀行はお金を貸して利益を得ますが、逆にお金を預けられると「損」をします。預けられてばかりいては商売が成り立ちませんので、預けられたお金をどこかに貸さなければなりません。企業にも貸しますが、家計のみならず企業までもが内部留保を貯め込んで「貯金」に精を出す時代とあっては貸出先がありません。となると、最後の貸出先は政府しかないのです。デフレの今、誰もお金を使わずに貯めてばかりいるので、その貯めたお金を政府が借りている、これが「国の借金」の正体です。

❀チャンネル桜
【Front Japan 桜】本当のお金の話をしよう / いい加減にして!中国人留学生への優遇 / 慰安婦像を撤去~約束を守るフィリピン、守らない韓国[桜H30/5/2]
https://www.youtube.com/watch?v=wTZccvfbCnE


❀チャンネル桜
【Front Japan 桜】続・本当のお金の話をしよう / 御代替わりのお金事情 / 拉致被害者を取り戻せる米国、取り戻せない日本 / 北朝鮮の既成事実づくりと経済利権[桜H30/5/16]
https://www.youtube.com/watch?v=-D5ybcfdaYs


しかも、この「国の借金」は増えて当たり前なのです。今から約130年前の明治18年の頃の日本の経済規模は8億円でした。その頃から比べると経済規模は何と約100万倍にもなっています。しかし、実質的にそんなに増えたわけではもちろんありません。貨幣の価値が昔と今とでは全く違うのです。昔の1円は今の100万円に相当するくらいの大金だったのですし、要するにそれだけ貨幣の価値が下がったのです。デフレ下の現在にした生きたことのない若い世代は貨幣価値が下がることはイメージしにくいでしょうが、私が子供の頃は年々駄菓子が値上がりしていくことを子供でも実感していました。ですから、今から130年後に貨幣価値が100万倍下がっても(今の100万円が1円の価値しかなくなる!)何の不思議もありません。実際、明治維新以来、日本の「国の借金」は指数関数的に増え続けています。「国の借金」など何にも恐れることはありません。

但し、外国からお金を借りているとなると話は別です。例えば日本がドルで外国から借金をしているのであれば、返せない場合もありますし、返せなければ財政破綻ということにもなります。しかし、日本の「国の借金」は全て自国通貨の円建てなのです。政府は通貨発行権という強権を持っていて、自国通貨を自由に発行することができます。ですから、日本が「国の借金」によって財政破綻する可能性はゼロなのです。そしてさらに言うと、国が借金をしなければ経済は成り立ちません。

もしも国が借金をしたくないのであれば、一番簡単なのは何もやらないことです。そうすればプライマリーバランスがどうのこうのと騒ぐこともなくなります。しかし、国が何もせずに社会をほったらかしにしていたらどんなにひどい世の中になるかは子供にでももわかります。国は借金をしてインフラを整備することで国民は安心して生活ができるのですし、そうやって社会が豊かになれば経済が活性化されて税収も自然と増えて結局は「国の借金」も減る方向となります。要するに、プライマリーバランスの黒字化などと叫んで国がやるべきことをやらないのは「サボり」に他ならないのです。そうやって日本はこの20年間、どんどんと経済が縮小して皆が貧乏になっていっているのです。

安倍総裁は3選後記者会見において、防災・減災の必要性を真っ先に語って今後3年間を国土強靭化に集中投資する方針を示されましたが、国民はこれを全力で支持しなければなりません。今後、必ずマスコミが「政府は無駄使いをするな」「国の借金を増やすな」だのと言って騒ぐでしょう。また、第二、第三の森友・加計問題をでっち上げて政権を追い詰めようとするに違いありません。そういったマスコミの嘘を見抜けるようここは国民が賢くなるしかありません。周りの人に「国の借金」についてどう思うかと聞いてみてください。騙されている人の方がおそらく多いと思います。私の周りにもそんな人がたくさんいましたが、「国の借金」など大した話ではないのだと説明してあげてください。

「経済」とは「経世済民」の略ですが、「経世済民」とは「世の中をよく治めて人々を苦しみから救う」という意味なのです。「人の命」より「財政規律」を守るのはそもそも「経世済民」とは真逆の態度なのであり、そんな政治家や官僚は人殺しなのだという意識を国民全体で共有しなければ日本の未来はありません。

❀チャンネル桜
【討論】安倍改造内閣がすべきこと、できること[桜H30/9/22]
https://www.youtube.com/watch?v=UuslBnf5b88&t=5620s

パネリスト:
 石井孝明(ジャーナリスト)
 岩田温(政治学者・大和大学政治経済学部専任講師)
 加藤清隆(政治評論家)
 上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト)
 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授)
 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
 長尾たかし(衆議院議員)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総

***********

(報告者 Y.U)

[第46回 合同ポスティングご報告]第248回(2018/09/24)●消費増税凍結!財政フル出動を!

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【頑張れ日本!全国行動委員会 東京本部】

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200
スポンサーサイト

[第45回 合同ポスティングご報告]第246回(2018/08/27)*チャンネル桜 愛知支局開設

kage

2018/08/28 (Tue)

[第45回 合同ポスティングご報告]第246回(2018/08/27)*チャンネル桜 愛知支局開設

合同ポスティング運動テンプレ99
*私たちは、テレビ・新聞が隠ぺいする真実を届けます!「合同ポスティング運動」
*朝・昼・夕・夜の情報番組、テレビのワイドショーと東海地区で圧倒的なシェアを握る中日新聞に騙されていることに気付いてほしい!


[第45回 合同ポスティングご報告]第246回(2018/08/27)*チャンネル桜 愛知支局開設

本日は10名の有志の参加を得て、

・移民反対チラシ
・安倍首相を激励しようチラシ
・マスコミに騙されるなチラシ
・南京大虐殺はなかったチラシ

等の様々なチラシのポスティングが実施されました。まだまだ暑い日が続きますし、そんな暑さの中でのポスティング活動でしたが、暑い最中のポスティングも今年はこれが最後かもしれませんね。参加された皆様、お疲れ様でした。また来月も頑張りましょう。

******

我々は月に2回、(街頭宣伝、及び、ポスティング)活動をしています。その成果は微々たるものかもしれませんが、そのような地道な活動を積み重ねていくより国を良くする道はありません。我々の活動は、ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが「ナショナリズム運動」に他ならないのです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼
❀チャンネル桜
【討論】表現者クライテリオン スペシャル「戦後ナショナリズムを問う」[桜H30/8/4]
https://youtu.be/bcrdfmf63-g



パネリスト:
 川端祐一郎(京都大学大学院助教)
 佐藤健志(評論家)
 柴山桂太(京都大学大学院准教授)
 施光恒(九州大学大学院准教授)
 富岡幸一郎(文芸評論家・関東学院大学教授)
 浜崎洋介(文芸批評家)
 藤井聡(京都大学大学院教授・内閣官房参与)

司会:水島総

❀『表現者criterion』
表現者「危機」と対峙する保守思想誌 クライテリオンcriterion
https://the-criterion.jp/

▼△▼△▼△▼△▼△▼

人が人として生きていくためには人格が必須であるように、国が国として存続していくためにはナショナリズムもまた同様に必須です。こんなことは世界の常識なのですが、そんな常識の全く通用しない、幼稚な言論空間に汲々としている国が世界に一国のみ存在します。それが(戦後)日本なのです。「ナショナリズム」というと「右だ、危険だ」といったヒステリックな反応が起こる我が国の体たらくには目を覆いたくもなりますし、こんな国など滅びてしまえと匙を投げたくもなりますが、しかし、日本人として生まれた以上は日本を見捨てることは許されません。道は険しくとも、最後まで諦めてはならないのです。

「共同体」を記述する概念に「凝縮性」というものがあります。主に社会学において使用される概念ですが、簡単な例で説明すると、「仲の良い家族」は凝縮性が高く、「仲の悪い家族」は凝縮性が低いのです。つまり、凝縮性の高い共同体とは、個人個人が握り飯のようにしっかりとまとまっている共同体です。様々な規模の共同体がありますし、家族は最も規模の小さい共同体ですが、逆に最も規模の大きい共同体は国家(世界ではありません)です。そして、国家の凝縮性こそがまさにナショナリズムなのです。人は国家に属していなければ一日たりとも安心して生活ができませんが、自らが所属する国家の凝縮性を高めんとするナショナリズムとはすなわち、万人が持つべきごく当たり前の感覚に過ぎないのです。

ナショナリズムが健全に存在する国家においては、マクロ面からは

・国民が統合される
・国家パフォーマンス(経済成長、国防力等)が向上する
・危機に対する強靭性=レジリエンスが向上されて、生存可能性が高まる

ミクロ面からは

・国民としてのアイデンティティ意識が高まる
・国家に対する愛着とプライドと国防意識が高まる
・国民同士の協力意識や助け合いの意識が高まる

といった現象が起こりますが、今の日本はどうでしょうか?全てにおいて見事に真逆ではありませんか。すなわち、今の日本の状況は、「ナショナリズム」が極端に衰退してしまって国家としての危機に瀕しているという非常にまずい状況なのです。そんな我が国のお寒い現状ですが、処方箋は皆無というわけではありません。答えを先に言ってしまいましょう。それは、日本各地においてしばしば見られる「まちづくりの成功事例」が明確に指し示しているのです!「何だよっ、いきなりスケールダウンするじゃないのっ」とお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください。「まち」も「国家」も規模は異なるとはいえども「共同体」に変わりはありませんし、であれば、「まちづくり」の事例は「くにづくり」においても十分参考になるはずではないですか。そして、「まちづくり」の成功例としては川越市がよく挙げられます。

川越市は今、小江戸と呼ばれ、「蔵のまちなみ」の街として年間約700万人の観光客を受け入れる北関東の一大観光地となっています。しかし、かつては観光客など全く来ない古びた地方都市の1つに過ぎなかったのです。「古い商店街」から客が離れていき、目に見えて衰退しかけた川越市(そのような都市は今、全国各地で見られます)ですが、脅威に立ち向かわんと川越の町衆の一人が何をすべきかと必死に考え始めたのです。そして、「小さな事から一つずつ」始めていったのですが、そんなささやかな取り組みが少しずつ拡大していき、坂を転がる雪だるまがどんどん大きくなるがごとく町を活性化させていったのです。

彼は先ず、脅威を認識する仲間を集めて、まずは失敗するリスクの少ない「小さなプロジェクト」を立ち上げて成功させます。すると、その成功体験がまちの凝縮性を「僅かに」向上させます。そして、その勢いを利用して「前回よりもほんの少しだけ大きなプロジェクト」を立ち上げてこれまた成功させます。すると、凝縮性がまた「僅かに」向上します。こういったサイクルを延々と繰り返すうちに、最終的には年間約700万人の観光客を受け入れる北関東の一大観光地にまで成長したのです。

たとえ巨大な脅威があったとしても、その脅威を敏感に感じ取れる一部の人々がいるならば、そして、その人々の内にその脅威を乗り越えんとする明確な意思と戦略があるならば、時間がかかろうとも着実に共同体の凝縮性(国家レベルではナショナリズム)が徐々に拡大して、やがては危機を乗り越えるだけの力を獲得するに至るのです。「川越まちづくり」はそのことを我々に教えてくれるのです。

「川越まちづくり」においてまず始められたのが「仲間作り」ですし、最初に手掛けられたのが実現可能性の高いシンプルなプロジェクトだったのですが、これは「くにづくり」においても非常に参考になる事例のはずです。すなわち、国家の次元においても我々のなすべき事は、小さな仲間作りとシンプルな取り組みを積み重ねていくことなのです。なんとも気の長い話ですが、そのような地道な活動の積み重ねがいつか大きな成果を生むのです。「塵も積もれば山となる」「千里の道も一歩から」と言うではないですか。大事なのは、脅威を感じ取った人間がまずは行動を開始しなければならないということです。我々の活動も、地味には見えても「くにづくり」の第一歩なのです。

さて、ここで、ここ愛知の地において新たなナショナリズムの地下水脈が誕生しましたのでご報告させてください。「チャンネル桜愛知支局」が開設されました。

▼△▼△▼△▼△▼△▼

【桜便り】「CH北海道」ついに開局! / 反桜活動について視聴者の問いに答える / 「チャンネル桜愛知支局」開設報告 / どう見る?自民党総裁選 他[桜H30/8/22]
https://youtu.be/PPxU0O1xoxs



■ 「チャンネル北海道」ついに開局!
 ※ チャンネル登録をお願いいたします!
https://www.youtube.com/channel/UCHgHNWmPqmqfyjTrIcgeYLg

チャンネル北海道 2018




■ 視聴者の問いに答える

■ ニュース Pick Up
 ・どう見る?自民党総裁選
 ・防衛予算、増額?
 ・反トランプ勢力の攻勢

「チャンネル桜愛知支局」開設報告53:59〜
 出演:水田秀年・若園ひでこ
 ※ 愛知支局への御連絡は下記メールアドレスまで!
  aichisoumou@yahoo.co.jp

320 チャンネル桜 愛知支局 開設 2018_08
https://youtu.be/PPxU0O1xoxs?t=53m39s

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

▼△▼△▼△▼△▼△▼


「チャンネル桜愛知支局」が今後、どのようなコンテンツを提供してくるのか、今から非常に楽しみです。その際はまた本ブログにおいて報告させていただきます。

日本のナショナリズムの地下水脈を上昇させることに僅かなりとも貢献せんと我々は街頭宣伝活動やポスティング活動をこれからも続ける所存ですが、我々には仲間が必要です。このブログを読んでいるあなた、我々と一緒に国のために汗を流しませんか。初心者でも大歓迎します。日本を良くすべく力を合わせてともに頑張りましょう。


(報告者 Y.U)

[第45回 合同ポスティングご報告]第246回(2018/08/27)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【頑張れ日本!全国行動委員会 東京本部】

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200

[第44回 合同ポスティングご報告]第244回(2018/07/28)

kage

2018/08/06 (Mon)

[第44回 合同ポスティングご報告]第244回(2018/07/28) 平成30年

合同ポスティング運動テンプレ99
*私たちは、テレビ・新聞が隠ぺいする真実を届けます!「合同ポスティング運動」
*朝・昼・夕・夜の情報番組、テレビのワイドショーと東海地区で圧倒的なシェアを握る中日新聞に騙されていることに気付いてほしい!


[第44回 合同ポスティングご報告]第244回(2018/07/28)
 
本日は9名の有志の参加を得て、
 
・もうひとつの戦争展チラシ
安倍首相を激励しようチラシ
 
のポスティングが実施されました。

 
(ちらし 画像拡大
505_チラシ_04_配布用


本日(7/28)は台風12号が接近中という状況でして、また前回みたいに雨で流れるかと心配していましたが、幸いにして雨には降られず、台風接近による適度の風のために体感温度が多少は下がるという、この時期にしてはまあまあやりやすい一日であったように思います。来月もまた猛暑の中のポスティングとなると予想されますが、健康に留意してこの猛暑を乗り越えたいものです。
 
**************

安倍政権を何としても打倒したい野党や左翼勢力は、安部政権の揚げ足を取って引きずり降ろさんと手段を選びません。何かと難癖を付けて最後には「この世の中が良くならないのは安倍のせいだっ!」の結論に落ち着くのです。彼らの馬鹿さ加減に気付いている国民も少なくありませんし、そんな賢明な国民は「連中、またやっとるか!馬鹿じゃないのか」と相手にもしていません。しかし、そんな彼らの愚行によって人命が損なわれるとなると放っておくわけにもいきません。何と彼らは、200人以上もの尊い命が失われた「平成30年7月豪雨」をも国会戦術に利用したのです。
 
ーーーーーーーーー
●Youtube チャンネル桜https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV
【宇都隆史】皆様はどう思いますか?野党の「大臣が被災地入りもせず法案審議はけしからん!」[桜H30/7/19]
https://youtu.be/n0-oASoS6J8

国を想う国会議員達が、国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ。今回は宇都隆史参議院議員から、「平成30年7月豪雨」を国会戦術に利用する野党の姿勢について、批判していただきます。
ーーーーーーーーー
 
先日、彼らは「災害よりカジノ優先、許されない」と叫んで石井国交大臣問責決議案を提出しました。
 
ーーーーーーーーー
●国民民主党(旧・民進党)
【参院】「災害よりカジノ優先、許されない」石井国交大臣問責決議案を審議
https://www.dpfp.or.jp/article/200341
ーーーーーーーーー

「国民がこんな大変な時に石井国交大臣は現地にも赴かずに国会でIR法案にかまけている、けしからんっ」というのが彼らの言い分なのですが、そんな彼らこそが、国民の命を軽視するけしからん連中なのです。なぜかと言うと、彼らが石井国交大臣を本気で現地に赴かせたいのであれば、国会の方は秋元国交副大臣に任せる旨の提言をすればよいだけの話だからです。彼らは実は災害対応などどうでもよく、石井国交大臣を国会に縛り付けておいてそれを批判することで自らの存在感をアピールしたい、というのが彼らの本音なのです。しかし、国会においてそんな茶番が演じられている最中にも国民の命がどんどんと失われていくのですから、彼らこそが国民の命を軽視しているのです。
 

石井国交大臣問責決議案だけでは足りずに、立憲民主党の枝野代表は衆議院史上最長の2時間43分にわたる内閣不信任決議案の大演説をしました。しかし、これもただのかっこつけのパフォーマンスに過ぎないのです。なぜなら、内閣不信任決議案が提出されるとなると各大臣はいつでも国会に駆けつけられるようスタンバイしていなければなりませんし、長い演説の間は全大臣を国会に「拘束」することになるからです。多くの国民の命が失われている最中なのですから、国会でそのような大演説をしている場合ではないのです。しかも、その演説の内容が「平成30年7月豪雨」とは何の関係もない「もり・かけ」の話だったりするのですから呆れてしまいます。
 
さて、この大演説中、枝野代表が飛ばされた野次に過剰に反応する場面がありましたが、これは彼らの正体を垣間見る貴重な瞬間でした。
 
ーーーーーーーーー
●政治ブログ
『正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現』ブログ
http://deliciousicecoffee.jp
・杉田水脈「隣の野田中央公園はどうなんだ」→枝野幸男が激しく動揺「水田議員黙ってて」名を間違える
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7158.html
ーーーーーーーーー
 
森友学園に売却された国有地のすぐ隣に、豊中市に売却された国有地(野田中央公園)があるのですが、豊中市に売却された国有地の方が大幅に値引きされているのです。豊中市の土地は、民主党政権下で辻元清美が国交副大臣になった時にタダと言っても言い過ぎではない程の安い値段で売却されたのです。この件を自民党の杉田水脈議員がヤジった途端、枝野代表の様子が一変したのです!
この野田中央公園の土地については、マスコミではほとんど報道されないので一般の人の多くは知らないでしょうが、この件は立憲民主党の急所なのでしょう、であるからこそ枝野代表は演説を止めてでもヤジを止めさせようと躍起になったのです。しかし枝野さん、あなたがそんなことをすると却ってその事実が世の中に拡散されるのですが・・・

 
枝野代表のこの時の狼狽ぶりから、いくつかのことが言えます。まず第一に、枝野代表は森友学園の土地が特別に値引きされたのではないことを知っているということです。そして、知っていながらも頬被りして森友学園の土地をネタに安倍政権の責任を追求しているのですから、第二に枝野代表は国会において茶番を演じているということです。さらに、多くの国民の命が失われようとしている緊急事態の際にそのような茶番を平気で演じられるというのは、第三に枝野代表は国民のために政治をしているわけではないということです。国民のために働いていない国会議員、これが彼らの正体なのです。そのような正体を国会においてさらけ出させるヤジを飛ばした杉田水脈議員、GJです。
 
さて、この杉田議員ですが、最近、彼女のLGBTに関する発言が非常に波紋を起こしています。
 
ーーーーーーーーー
●政治ブログ
『さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」』ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098
・杉田議員を激励「絶対に謝罪してはいけない」!
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35216623.html
ーーーーーーーーー

問題となった杉田議員の論文の中で、LGBTのカップルのために税金を投入するかどうかという問題に対して、そういったカップルは子供を作らないし、であればそのような人達よりも不妊に悩んでいる人達に税金を投入すべきだ、との自説を杉田議員は展開しています。そして、「子供を作らない」カップルのことを「生産性がない」と表現しているのですが、この「生産性」という言葉に多くの人がアレルギー反応を起こしてしまって、杉田議員を「差別主義者」だの「ヘイト議員」だのと決めつけて騒ぎまくっているのです。
 
杉田議員は子供を産むことを「生産」と表現しているのですが、辞書を引くとわかるように「生産」とは「出産」の意味もあるのです。「生産」をよく見ると「生む・産む」となっているではないですか!しかし、「生産性」というと通常は「出産」を連想しませんし、人に対して「生産性」という言葉を使うと何だか人間をモノ扱いしたような冷淡な感じを与えてしまいます。このようなことを杉田議員は承知の上で、カッコ付きの「生産性」としてあえて使っているのでしょう。言葉の使い方としてはあまり良いものではないな、と私も思いますが、しかし、これは表現上の問題であり、論文をきちんと読めば杉田議員の主張したいことは明確に伝わってくるわけで、「生産性」という言葉に過剰に反応して騒ぎ立てる人間は国語力に問題があるのだ、と私ならば思います。

杉田議員は大変な愛国者ですし、これまでの国会質問等の仕事は本当に素晴らしいものがあります。自民党の議員でこれだけやれる人はなかなかいないでしょう。仮に杉田議員の論文に誤謬があったとしても、だからといって議員を辞職すべきなどというのはあまりに短絡的というものです。まして、今回の件が安倍叩きに利用されるようなことがあってはなりません(残念ながらもうなっていますが・・・)。
 
杉田議員には、「今回のバッシングに負けずに今後もどうか頑張ってください。これからも応援します」とのメッセージを、一人のファンとして送らさせていただきます。

 
ーーーーーーーーー
Youtube
2014年【神質問】杉田水脈「NHKさん、私の動画は削除しないで下さいね♪」
https://youtu.be/PUu6egMWDxc

【衆議院 国会生中継】~平成26年2月3日 予算委員会~
>(日本維新の会の杉田水脈議員)すばらしすぎる発言集↓↓
>「テレビが偏向報道しています。嘘を付く報道の自由は認めますか?」
>「慰安婦という嘘を韓国が100回言えば世界は信じてしまう」
>「日本の中にいる反日勢力 残念ながら国会議員の中にもいます」
>「NHKさん、私の動画は削除しないで下さい♪」
>「河野洋平氏の参考人招致をしたいと思います」
ーーーーーーーーー

●杉田水脈議員 http://sugitamio.net
ーーーーーーーーー

(報告者 Y.U)

[第44回 合同ポスティングご報告]第244回(2018/07/28)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【頑張れ日本!全国行動委員会 東京本部】

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200

[第43回 合同ポスティングご報告]第242回(2018/06/24)☂ 雨天により中止

kage

2018/06/28 (Thu)

☂ ☂ ☂ ☂ ☂ ☂ ☂ ☂

[第43回 合同ポスティングご報告]第242回(2018/06/24)

本日は10名の有志の参加を得て、

安倍首相を激励しようチラシ

のポスティングが実施されました、と書きたいところなのですが・・・


505_チラシ_04_配布用
ポスティング・ちらし・画像拡大

☂本日は午前中から小雨がちらついており、午後は大雨の予報が出ていました。そして午後になると予報通りの大雨と相成りまして、止む無くポスティングは中止とさせていただきました。
☂しかし、転んでもただでは起きない我々です。皆でチラシ折の作業に予定を変更し、人数が多いだけに作業もはかどりました。これも活動の一環だなぁ、と何とか納得できる一日となりました。激しい雨の中、集まっていただいた皆様には心から感謝いたします。


***************

さて、我々はモリカケといったフェイクニュースを仕立て上げられて悪者扱いされている安倍総理を応援したくポスティングに励んでいるのですが、だからといって今の政権の全てを肯定しているわけではもちろんありません。いや、問題も非常に多いのです。我々がすべきは、政権に対して「正しく批判」することなのです。


◎チャンネル桜 http://www.ch-sakura.jp
【Front Japan 桜】安倍政権へのあるべき批判 / 「内憂外患」の習近平政権 / 米・不法移民 親子分離を撤回~人道と「壁」、本来のあり方[桜H30/6/22]
https://www.youtube.com/watch?v=mNdr7nrobW8&t=1904s


安倍内閣は5年以上も続く長期政権となっていますが、今の安倍政権の前にはあの悪夢のような民主党政権が3年4か月続きました。自民党から民主党への政権交代がされたのは国民が自民党に嫌気が差したからに他ならないですし、自民党は国民に見放されても仕方のないような誤った政権運営を実際にやってきたのです。そして、今の自民党はそのことの総括を十分にしないまま、かつての体質からいまだに抜け切れていないように私には思えるのです。

自民党が下野した最大の原因は、構造改革の失敗でした。構造改革とは、官の仕事を減らして予算規模を少なくし、小さな政府とすることです。そうすることで減税が可能となり、その分のお金が民間に回ると期待されます。民間が効率良くお金を使うことで消費や投資が増えて景気が回復する、というのが構造改革の論法です。この考えには官は効率が悪いという前提があるのですが、当時はこういった論法に異を唱える者はごく少数でしたし、皆が浮かれたように改革・改革と叫んだのです。そして、その際たるものが小泉総理の時代の郵政民営化でした。

しかし、そういった改革によって日本社会が良くなったかどうかについては今更論ずるまでもありません。勝ち組・負け組といった言葉に象徴されるように、日本は格差社会となってしまったのです。一部の大企業が大儲けするその一方で、中小企業は経営が困難になって経済的理由による自殺者も急増しました。また、首都圏の一極集中を招いて東京は勝ち組、地方は負け組といった地域間の格差も生じてしまい、国民が果てしない競争のために非常に大きなストレスを感じる社会に突入したのです。かつてのような多くの国民が中流意識を持てた時代から、いつ自分も負け組に転落するかわからないという不安を抱える時代となってしまったのです。(しかし、国民は被害者とはいっても、その国民が構造改革を大喝采したのですから、最終的な責任は国民にあるのは言うまでもありません。)

官よりも民とするためには、様々な規制が邪魔をするのでそういった規制は緩和せよ、という方向に自然となります。つまり、構造改革と規制緩和はセットの考えですが、なぜ構造改革や規制緩和が駄目かというと、そういった自由放任の政策は国内の空洞化を招いてしまうからなのです。少子化が進んで人口も増えないという低成長時代に国と国の間の規制を緩和して国境の垣根を取っ払ってしまえば、お金は投資効率のよい海外に流れることになります。新興国にお金がどんどんと投資されて工場が建てられ、そこで沢山の製品が生産されて売られることになります。国境にとらわれずに事業展開するのは企業にとっては正しい選択でありますが、その一方で国内では雇用がなくなってしまうわけで、これがデフレを作り出している元凶なのです。

そもそも、なぜ構造改革や規制緩和といった考えが出てくるのかというと、日本は借金大国で政府はできるだけ無駄使いをなくして節約しなければならない、という財政破綻論がその根っ子にあるからです。一般の家庭で、収入よりも支出の方が多ければ次第に借金が増えていきますし、であれば節約しなければ、となるのは当然です。しかし、この考えを国に当てはめて考えるのは大間違いなのです。

国債は借金だからけしからんと思われる方がおられるかもしれませんが、その論法からすると民間企業の借金もご法度ということになってしまいます。誰も借金をしない社会とは、すなわち、経済が成り立っていない社会です。誰かが借金をしてはじめてお金が回って経済も成り立つのです。そもそも借金とは経済の原動力でありますし、国が借金しようが民間企業が借金しようが本質的に違いはありません。そしてさらに、政府は借金を原理的には無限に出来るのです。なぜなら、政府には通貨発行権があるからです。すなわち、打ち出の小槌を持っているのが政府という存在なのであって、政府は国債を好きなだけ発行してやるべき仕事を制限なく実施できるのです!

しかし、原理的には可能といっても無限に国債を発行したらもちろん問題です。市中に出回るお金の量が増えるとお金の価値が相対的に下がる、すなわちインフレとなるのです。インフレになると金利が上がり過ぎたりといろいろと弊害が出てきますが、しかし、今の日本はインフレとは真逆の状態のデフレなのです。ですから、国債を発行することを心配するような状態では全くありませんし、政府がお金を使わないからデフレから脱却できないのです。

先日、安倍政権は骨太の方針2018を閣議決定しましたが、残念ながらいまだに国の経済活動を家計のごとく捉えた悲しい内容となっています。

【三橋貴明ブログ】2018年5月29日『骨太の方針 2018』
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12379640399.html

【三橋貴明ブログ】2018年6月16日『続 骨太の方針2018』
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12384068874.html

【三橋貴明ブログ】2018年6月17日『続々 骨太の方針2018』
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12384306508.html

国の支出を国の収入よりも減らすというPB(プライマリーバランス)黒字化という目標がまたしても入り込んでいるのです。この目標がある限り、「何らかの支出を増やす場合、他の支出を減らすか増税する」という考え方がまとわりついて結局政府は必要な仕事ができなくなってしまうのです。PB黒字化という洗脳から目覚めない限り日本の再生はありえないのですが、これに気付かない政治家や役人がまだまだ多いのです。もちろん、安倍総理自身はPB黒字化至上主義では決してないのでしょうが、結果的に安倍政権はその方向の政権運営をしてしまっています。つまり、いまだに構造改革の呪縛が解かれていないのです。モリカケといった下らないことではなく、こういった誤った経済政策こそ批判されるべきでしょう。しかし、そのような声は野党側からも聞こえてきませんし、多くのマスコミもPB黒字化至上主義に毒されてしまっていて今の状況は絶望的です。であれば、国民の側が賢くなって声を上げていくしかありません。

ところで、誤っているのはPB黒字化目標だけではありません。今の安倍政権が推し進めている移民推進政策も日本の国柄を根本から破壊する非常に危険なものです。

【三橋貴明ブログ】2018年6月7日『移民党』
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12381905094.html

ともかく、国会における議論や報道の内容があまりに下らなく、そこには日本を守るといった姿勢が全く欠けていて情けない限りです。野党やマスコミの諸君、政権の批判は大いに結構ですし、むしろそれがあなた方の使命なのです。しかし、心ある国民は、あなた方の政権の揚げ足取りに終始する有様に心底愛想をつかしているのです。そうやってあなた方は自らの価値を思いっきり下げているのですよ!まともな議論のできる国でありたい、と思う国民は少なからずいるはずです。そういった国民の期待を裏切ることのないよう、是非とも頑張っていただきたい、それがあなた方の使命なのですから・・・。

***************

☂来月は梅雨も明けて猛暑の中のポスティングになることでしょうが、暑さに負けずに頑張ってポスティングする所存です。我々はこのブログを読んでいるあなたのお力を必要としています。一緒に汗を流しましょう。どうかよろしくお願いいたします。



(報告者 Y.U)
_____________

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com
頑張れ日本300愛知kuro2
*毎月第2土曜日 主に名古屋駅東口にて署名・街宣活動
_____________

[第42回 合同ポスティングご報告]第240回(2018/05/13)

kage

2018/05/16 (Wed)

[第42回 合同ポスティングご報告]第240回(2018/05/13)

本日は8名の有志の参加を得て、

5月27日に行われるデモ告知チラシ

のポスティングが実施されました。



1か月後の6月12日にシンガポールでトランプ米国大統領と金正恩北朝鮮国務委員長との会談が開催されると発表されました。この米朝首脳会談の行方に世界が注目をしています。しかし、我が国日本ではこんな世界情勢など全くお構いなしに安倍政権を引きずり降ろさんとマスコミや野党がフェイクニュースを仕立て上げ、馬鹿騒ぎに終始しています。もっと真剣に、日本を守るにはどうしたらよいかという議論をしてほしい、そのような思いで5月の爽やかな青空の下、我々はポスティングに汗を流しました。

*******

金正恩は先日、核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を中止して核実験場を廃棄するという考えを示しました。この北朝鮮の発表に対して、トランプ大統領や韓国政府はそろって歓迎の意向を示したと報道されましたが、ここで重要なのは、北朝鮮は核兵器やミサイルの製造や保有を止めるとは言っていないことです。あのしたたかな北朝鮮がそんな簡単に非核化に応じるわけはないというのは、これまでの北朝鮮の振る舞いを見れば明らかですし、トランプ大統領も北朝鮮の発表をそのまま鵜呑みにして喜ぶような単細胞ではないはずです。


北朝鮮はこれまでに莫大なエネルギーを投じて核開発をしてきました。実用化はもうすぐ目の前という状況ですし、残すは大気圏への再突入の課題を残すのみと言われていますが、これに関しても実験はもう必要のない段階に来ていると言われています。先日の南北首脳会談で「完全な非核化」を目指すとの方針が示されて、朝鮮半島に平和がやってくるなどと楽観される向きもありますが、北朝鮮はそうやってポーズを世界に示すことで経済封鎖を解除してもらいたく良い子ぶっているだけなのです。絶対に制裁解除をしてはなりません。そもそも、文在寅韓国大統領は過去に国連の北朝鮮人権決議案を邪魔した男です。文在寅を北朝鮮のスパイとみなせば、全てが腹に落ちるのです。


米朝首脳会談で北朝鮮が良い子ぶりっこをしても我々は油断してはならないのです。北朝鮮の核兵器の準備が万全となったならば、北朝鮮は世界に手のひらを返して横暴に振る舞ってくるに違いありません。ですから我々は一刻も早く、核攻撃を受けないようどうやって抑止力を持つかといった議論をすべきなのです。その中の1つの選択肢として「日本の核武装」も当然あり得ます。

チャンネル桜(2012)
【討論!】日本が核武装したら世界はどうなる[桜H24/6/23]


・1/3 https://www.youtube.com/watch?v=C8lGIqJV_k8&t=6s
・2/3 https://www.youtube.com/watch?v=C3rn6HftBpg
・3/3 https://www.youtube.com/watch?v=xc5RAARzr50

先日、北朝鮮で拘束された3人のアメリカ人が解放されたとのニュースが流れました。実はこの3人はスパイだったのですが、その一方で北朝鮮に拉致された日本人はスパイでも何でもない一般市民でした。アメリカ人のスパイは数年以内に解放されて、何の罪もない日本人は何十年も帰してもらえずにこのままだと一生を北朝鮮で生きる羽目になるのです。日本は憲法第九条に縛られて、自国民が拉致されても指をくわえて黙っているしかないという何とも情けない国家に成り下がってしまいました。こんな状況から脱するためにも、日本は一刻も早く核武装して敵国攻撃力を保有すべき、というのは保守側の共通した認識でしょう。

しかし、核武装すべきでない、という意見も一方であるのです。核武装反対論者の現参議員議員の青山氏の発言は傾聴に値します。青山氏は↓の動画で中国と日本の関係について論じていますが、中国を北朝鮮と置き換えてもほとんどそのまま通用しますので以下、そのように置き換えながら要約します。


チャンネル桜(2011)
【青山繁晴】核抑止の盲点、独裁国家の命の軽さ[桜H23/2/4]

https://www.youtube.com/watch?v=gpnuqxfAr4E&t=293s



核武装に賛成・反対の立場にかかわらず、日本が核武装をすると北朝鮮に対して抑止力になることが前提とされていますが、その前提そのものが間違っている、と青山氏は説きます。日本が1発でも核を持てば断トツの抑止力となるという考えは、日本と北朝鮮の根本的な違いを踏まえていない、と言うのです。その違いとは「人の命」です。



核兵器の使用目的は、軍の施設を破壊するというよりも、大量の民衆を殺戮することにあります。戦争をする場合には、相手の軍隊と戦うよりも一般民衆を大量に殺戮した方が相手にダメージを与えられるとの判断があって、大東亜戦争時に日本は東京大空襲によって一晩にして10万人もの無辜の人々が殺されました。核兵器はこういった無差別攻撃に最も有効な手段であり、広島と長崎に落とされたたった2発の核兵器によって30万人もの人々が殺されたのです。



国民国家たる日本では一人の国民の命が失われることすら耐え難く感じられますが、北朝鮮の人民の命の価値など家畜以下なのです。北朝鮮の強制収容所は世界で最も深刻な人権問題と言われていますし、数百万人の餓死者が出るような国です。そんな北朝鮮の人民を何十万人と殺したところで、北朝鮮は屁とも思わないのです。



よって、北朝鮮に対して完全な抑止力を持とうとするならば、北朝鮮の全土を攻撃できるくらいの大量の核兵器を持たなければならないのみならず、シェルターに隠れた金正恩をはじめとする朝鮮労働党の幹部を攻撃できる核兵器をも持たねばならないということになります。しかし、土中に作られたシェルターを破壊するのは核兵器といえども難しいと言われていますし、さらにそういったシェルターが北朝鮮の各地にあるに違いありません。人民の命は鴻毛よりも軽いと考える独裁者の金正恩は、自分の命だけは何としてでも守ろうと必死に準備しているに決まっています。



北朝鮮といえども、国際社会においてそれなりの理由を示せなければそう簡単には日本に対して核兵器を使用することはできないでしょう。しかし、日本が1発でも核兵器を持ってしまうと、何の抑止力にもならないばかりか、北朝鮮に対して核兵器を使用する口実を与えてしまうという非常にまずいことになってしまうのです。



かと言って、青山氏が核論議を否定しているということでは全くありません。現行憲法が押し付けられた経緯を国民にしっかりと説明して、欺瞞に満ちた戦後の日本社会について国民に理解してもらった上で、国民の手によって自主憲法を制定し、自衛隊を国防軍にする必要があると説いているのです。そうやってまともな主権国家となってから、核をはじめとして生物化学兵器までを議論できるような常設の会議の場を設けて徹底的に議論すべき、と言うのです。

核を持つ・持たないにかかわらず、そこには日本をいかに守るかといった視点が絶対になければなりません。そんな話などどっかに行ってしまった昨今の政権叩きには一刻も早く退場してもらわなければなりません。そのような気持ちでもって、我々は5月27日のデモに臨みます。お時間のある方は是非とも参加していただきますようよろしくお願いします。


【集会・デモ】2018.5.27(日)頑張れ!安倍政権 草の根国民大行進! in 名古屋【集合・矢場公園】
*ちらし画像・拡大*
500 安倍政権頑張れデモ

(報告者 Y.U)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com


【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
sakura_200