2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

カテゴリ:❏勉強会等行事ご案内 の記事リスト(エントリー順)

【8/4〜6】第16回 もうひとつの戦争展*今年のテーマ*共産主義の歴史 ~ロシア革命から100年~

kage

2017/07/12 (Wed)

【もうひとつの戦争展・ブログ】▼▼▼
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp

▼「もうひとつの戦争展」って何?
もうひとつの戦争展って何

追記***去年(2016)のサヨクの「平和のための戦争展」では、日中友好協会愛知県連合会が、とうに嘘がバレた「731部隊」を取り上げていました。(森村誠一著「悪魔の飽食」)


こちらは「731部隊の真実」
  ↓
★731部隊の人体実験・細菌戦の嘘が改めて明らかに★
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2634.html
============


============
【8/4〜6】第16回 もうひとつの戦争展*今年のテーマ*共産主義の歴史 ~ロシア革命から100年~
2017年チラシ表(拡大
2017 もうひとつの戦争展 表

2017年チラシ裏(拡大
2017 もうひとつの戦争展 裏


============

第16回 もうひとつの戦争展(平成29年)

2017年8月4日(金)〜8月6日(日)

◎4日(13:00~18:00)
◎5日(10:00~18:00)
◎6日(10:00~18:00)

・会場:名古屋国際センター4階展示室(1~3)
・アクセス:地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ

・テーマ:共産主義の歴史 ~ロシア革命から100年~
 ロシア革命から今年は100年目。
 この100年間の世界の歴史の中で、共産主義は大きな位置を占めてきました。
 今年は共産主義の歴史を学術的に考察し、発表したいと考えています。
 今年も、県内の保守系団体を中心とする展示と合わせて行います。
 ご家族、ご友人、お誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。

・展示(入場無料)

◎ 実行委員会 パネル展示『共産主義の歴史~ロシア革命から100年』
◎ 協賛団体 パネル展示、物品展示
随時 
◎ 関連動画・映画上映
◎ 戦前・戦中の紙芝居上演
◎ 戦時衣装試着・撮影会  千人針体験

▶8/5(土)戦争体験者の講演14:00~15:00 
河村廣康 氏(シベリア抑留体験者)ミニ講演会
会場:国際センター4階展示室
参加費 無料

▶8/6(日)筆坂秀世(ふでさか ひでよ)氏 講演会 14:00~16:00
講師:筆坂秀世 氏 政治評論家
開場:13:30
会場:国際センター別棟ホール
参加費:1200円 (前売り1000円)
演 題:日本共産党の過去・現在・未来
連絡先:052-763-4678 (服部)
FAX:052-763-4588
メール:mh.sensouten@gmail.com

※頑張れ愛知・日本世論の会愛知も出展しております。ぜひお越しください。
また、戦争展で、お手伝いいただける方はご都合の良い日時をご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
問い合わせ先
TEL:080-1629-8080 (林)
TEL:090-7034-3280(水野)
メール:ganbare.aichi@gmail.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「もうひとつの戦争展」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜過去の記録
去年
【2016.8.5〜8.7】第15回 もうひとつの戦争展「日中歴史戦にどう打ち勝つか」
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-639.html
我那覇真子(がなは まさこ)氏 講演会 演題:沖縄の真実〜我那覇真子が正す偽りの沖縄像★

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【2015.7.31〜8.2】もうひとつの戦争展「戦後レジームからの脱却」【名古屋】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-555.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【2014.8.15~18】もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」【名古屋】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第13回「もうひとつの戦争展」
2014/8/15〜18 平成26 名古屋国際センター
テーマ:もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」
チラシ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2014-08-20
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第12回「もうひとつの戦争展」
2013/8/16〜19 平成25 名古屋国際センター
テーマ:大丈夫?日本の平和
http://blog.goo.ne.jp/kuninomahoroba81/e/2c6972832d20c83f0aca22e1b91a1bcb
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/E688A6E4BA89E5B19525.jpg.html
参加団体出展内容解説
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E587BAE5B195E6A188E58685.jpg.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第11回「もうひとつの戦争展」
2012/8/13〜16 平成24 名古屋国際センター
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-205.html
*「もうひとつの戦争展」開催趣旨
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E688A6E4BA89E5B195E38381E383A9E382B7EFBC88E5B08FEFBC89.jpg.html
参加団体 出展テーマ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-19
出展内容 動画 他
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-24
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302999676-1
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23-1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第10回「もうひとつの戦争展」
2011/8/9〜14 平成23 名古屋市博物館
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E38381E383A9E382B7EFBC88E4BA88E5918AE7B7A8EFBC89.jpg.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第09回「もうひとつの戦争展」
2010/8/10〜15 平成22 名古屋市博物館
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もうひとつの戦争展 300

▼「もうひとつの戦争展」って何?

 戦後自虐史に染まった左翼や反日勢力による
 侮日活動の場「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)の
 嘘・捏造から始まった「南京大虐殺」や
 「従軍慰安婦」の流布を阻止するために
 保守系団体が立ち上がって始めた展覧会が
 「もうひとつの戦争展」です。

 平成14年(2002)から
 左翼の「平和の・・」のカウンターとして
 毎年8月に名古屋で開催しています。(講演会も開催)

 左翼の「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)は、
 「もうひとつの・・」と同時開催を嫌い
 現在は、会場と日程を別の場所に移して毎年開いているようです。

 なぜ左翼の「平和の・・」は会場を移したのか?
 それは、来場者が、こちらの会場の展示といっしょに見比べれば
 左翼の展示内容の方がウゾだとバレるからです。
スポンサーサイト

2017.6.25 合同総会&記念講演会のお知らせ(講師:石平 氏 演題:習政権の国際戦略と米中対立の行方)

kage

2017/06/24 (Sat)

お知らせ【2017.6.25】平成29年度 合同総会・記念講演会

022

画像拡大

A4サイズのチラシはこちら
    ↓
◎手作りチラシ集積サイトのうpろだ2
http://ux.getuploader.com/chirasihokanko/
    ↓
ダウンロード[修正版2017_0625_世論_合同総会_ゲスト石平 氏

お知らせ【2017.6.25】
平成29年度 合同総会・記念講演会


・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部

記念講演 
演題「習政権の国際戦略と米中対立の行方」
講師 石平(せき へい)氏

(プロフィール、関連動画は下段↓)

日時
平成29年6月25日(日)
午後2時〜(開場1時30分より)
・総会    午後2時〜
・記念講演会 午後2時45分〜


会場
愛知県産業労働センター ウィンクあいち 小ホール2
〒450-0002 名古屋市 中村区 名駅4−4−38
(会場)電話 052-571-6131
(地図)http://www.winc-aichi.jp/access/
★名古屋駅前 ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

会費
・講演入場料 1,000円 

※講演後、懇親会があります(希望者のみ)
・懇親会 5,000円
・講演会+懇親会=6,000円

※当日、直接会場においでいただいても、入場できます。

お申し込み先 
FAX 052-811-2660
メール ganbare.aichi@gmail.com
電話 080-1629-8080(林) 
   090-7034-3280(水野)

主催
・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部
後援
・日本会議 愛知県本部

=============

石平 カラー

◎石 平(せき へい)氏
[プロフィール]評論家 
1962年 中国 四川省生まれ
1966年 教師だった両親が大学から追放され、農場へ「下放」された
1980年 北京大学入学  1988年 留学のために来日 
    天安門事件をきっかけに中華人民共和国と「精神的決別」
2007年末 帰化 2008年4月より拓殖大学客員教授
現在、日中問題・中国問題中心に、執筆、講演・テレビ出演などの言論活動を展開している

[著書]
・「カエルの楽園」が地獄と化す日
・なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか 
  わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 
・トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突
・リベラルの中国認識が日本を滅ぼす 日中関係とプロパガンダ
・習近平が中国共産党を殺す時 日本と米国から見えた「2017年のクーデター」 
・「トランプ大統領」から始まる中国大乱世界が地獄を見る時
   〜日・米・台の連携で中華帝国を撃て
・狂気の沙汰の習近平体制 黒い報告書・韓民族こそ歴史の加害者である 等多数


チャンネル桜◆日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」2017

【討論】どうなる!?中国の政治・軍事・経済[桜H29/3/25]
https://www.youtube.com/watch?v=CZ2VcR5aBXQ

パネリスト:
 石平(評論家)
 田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
 野口裕之(産経新聞政治部専門委員)
 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
 福島香織(ジャーナリスト)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総

=============

たなびく 国旗 M

頑張れ日本300愛知kuro2

=============

[過去の講演会]


◆平成28年

藤岡信勝 20_04_01 b

2016.6.5 講師:藤岡信勝 氏 演題:戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-629.html
合同総会報告書 //// “国連神話”から目覚めよ日本!
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-637.html

◆平成27年

 講師 馬渕睦夫 02
2015.6.7  講師:馬渕睦夫 氏 演題:世界はアルマゲドンに突入した
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-540.html
合同総会報告書
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-542.html

◆平成26年

三輪和雄 03 白黒

佐波優子 03白黒

2014.6.1演題
・三輪和雄氏「都知事選に見る保守の新潮流」
・佐波優子氏「先人への思いを感謝に変えて~日本人の心に流れる優しさ」
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-436.html
合同総会報告書
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-444.html


(2017/5/18 UP)

【2016.8.5〜8.7】第15回 もうひとつの戦争展「日中歴史戦にどう打ち勝つか」【名古屋】

kage

2016/07/27 (Wed)

===========(2016/9/12追加)
動画 Youtube mizuta007(1)()()(
★我那覇真子(がなは まさこ)氏 講演会 演題:沖縄の真実〜我那覇真子が正す偽りの沖縄像★
2016.8.6 14:00〜15:30 会場:名古屋国際センター3階 第2研修室
===========

ミコスマアップローダー
A4チラシpdf
http://mikoup.ebb.jp/src/file1711.pdf

我那覇真子講演会チラシ500

我那覇真子がなは まさこ 2

産経新聞 2016.6.18
http://www.sankei.com/region/news/160618/rgn1606180069-n1.html
九州「正論」懇話会 我那覇真子氏講演詳報 「沖縄は反日ではない」事実を伝えぬ地元紙

沖縄の地元紙、琉球新報や沖縄タイムスが「米軍を追い出すために偏向報道している」と訴えた。

産経新聞 2016.2.27
「沖縄2紙の偏った報道 沖縄と本土を分断する…」我那覇真子さん講演

※沖縄2紙=琉球新報、沖縄タイムス

◆Youtube チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」
https://www.youtube.com/channel/UCW_eamTK7ShhLfu1SZMqsIg

チャンネル桜 ニコニコ

◆琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会
http://okinawa-tadasukai.com/index.html


2016_500もうひとつの戦争展タイトル

【2016.8.5〜8.7】もうひとつの戦争展「日中歴史戦にどう打ち勝つか」【名古屋】

第15回もうひとつの戦争展

A4版 (チラシ表 チラシ裏

*画像>ちらし

2016_500 もうひとつの戦争展 表

2016_500 もうひとつの戦争展 裏

【もうひとつの戦争展・ブログ】▼▼▼
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp

【2016.8.5〜8.7】もうひとつの戦争展「日中歴史戦にどう打ち勝つか」【名古屋】

第15回もうひとつの戦争展

日時 平成28年8/5(金)〜8/7(日)(2016年)
会場 名古屋国際センター4階 展示室(1〜3)
   (名古屋市中村区那古野1−47−1)
アクセス 地下鉄桜通線 「国際センター」駅下車

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess
============

今年のテーマ

「日中歴史戦にどう打ち勝つか」

南京大虐殺のユネスコ記憶遺産登録、
首相の靖国神社参拝、
沖縄吉移転問題・・・
実はその多くが中国が仕掛けた歴史戦に端を発しているのです。
歴史戦とは何か?
本当の歴史は?中国の目的は?
第十五回の今年は、
いま日本が国際的にどのような立場に置かれているか、
他団体ともともに
わかりやすいパネルや映像等を出典いたします。
ご家族・ご友人お誘い合わせの上、
お気軽にお越しください。

中高生の夏休みの自由研究にも最適です。



============

============
*画像>講演会

もうひとつの戦争展 連動企画(1)特別講演会

演題:沖縄の真実〜我那覇真子が正す偽りの沖縄像

講師:我那覇 真子(がなは まさこ)氏 ジャーナリスト

日時:8月6日(土)14:00〜15:30(開場13:30)

会場:名古屋国際センター3階 第2研修室
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/archives/3862
参加費:1000円 ※学生は500円


講師経歴 …… 我那覇 真子(がなは まさこ)

平成元年(1989)沖縄県名護市生まれ
平成17年(2005)高校交換留学(米国オハイオ州・カリフォルニア州へ)
平成20年(2008)早稲田大学人間科学部入学
 在学中、高円宮杯全日本中学校英語弁論大会を主催する
 JNSA(日本学生協会基金)の運営委員
平成24年(2012)早稲田大学人間科学部卒業

現在 日本文化チャンネル桜 沖縄支局キャスター
   インターネットテレビ「沖縄の声」に出演

琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 代表運営委員
http://okinawa-tadasukai.com/index.html
http://okinawa-tadasukai.com/report.html

著書「沖縄から日本の未来が見える」
(祖国・日本のために私がしたいこと)
    
http://okinawa-tadasukai.com/hanpu_book.html
>こちらのページにある書籍は頒価にて頒布いたします。
>頒価での頒布となりますので、収益を上げることを目的としていません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もうひとつの戦争展 連動企画(2)戦時歌謡の集い

リクエスト募集中>詳細は公式ブログで受付▼▼▼
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【もうひとつの戦争展・ブログ】▼▼▼
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp

もうひとつの戦争展 300

▼「もうひとつの戦争展」って何?

 戦後自虐史に染まった左翼や反日勢力による
 侮日活動の場「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)の
 嘘・捏造から始まった「南京大虐殺」や
 「従軍慰安婦」の流布を阻止するために
 保守系団体が立ち上がって始めた展覧会が
 「もうひとつの戦争展」です。

 平成14年(2002)から
 左翼の「平和の・・」のカウンターとして
 毎年8月に名古屋で開催しています。(講演会も開催)

 左翼の「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)は、
 「もうひとつの・・」と同時開催を嫌い
 現在は、会場と日程を別の場所に移して毎年開いているようです。

 なぜ左翼の「平和の・・」は会場を移したのか?
 それは、来場者が、こちらの会場の展示といっしょに見比べれば
 左翼の展示内容の方がウゾだとバレるからです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜過去の記録

【2015.7.31〜8.2】もうひとつの戦争展「戦後レジームからの脱却」【名古屋】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-555.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【2014.8.15~18】もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」【名古屋】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第13回「もうひとつの戦争展」
2014/8/15〜18 平成26 名古屋国際センター
テーマ:もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」
チラシ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2014-08-20
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第12回「もうひとつの戦争展」
2013/8/16〜19 平成25 名古屋国際センター
テーマ:大丈夫?日本の平和
http://blog.goo.ne.jp/kuninomahoroba81/e/2c6972832d20c83f0aca22e1b91a1bcb
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/E688A6E4BA89E5B19525.jpg.html
参加団体出展内容解説
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E587BAE5B195E6A188E58685.jpg.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第11回「もうひとつの戦争展」
2012/8/13〜16 平成24 名古屋国際センター
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-205.html
*「もうひとつの戦争展」開催趣旨
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E688A6E4BA89E5B195E38381E383A9E382B7EFBC88E5B08FEFBC89.jpg.html
参加団体 出展テーマ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-19
出展内容 動画 他
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-24
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302999676-1
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23-1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第10回「もうひとつの戦争展」
2011/8/9〜14 平成23 名古屋市博物館
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E38381E383A9E382B7EFBC88E4BA88E5918AE7B7A8EFBC89.jpg.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第09回「もうひとつの戦争展」
2010/8/10〜15 平成22 名古屋市博物館
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


============

ニュース 中国海軍 領海侵犯

2016-06-15 14:17:59 中国海軍の艦艇が今度は領海侵犯
https://newsi.okinawa/article/2016-06-15-141509
中国海軍情報収集艦が日本領海に侵入、口永良部島周辺海域で…政府、警戒監視と情報収集を急ぐ!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/47792789.html

2016年06月15日 NHK 中国海軍情報収集艦 日本領海に一時侵入
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160615/k10010557011000.html
魚拓) 

ロイター2016年06月15日 12:06
中国海軍軍艦が日本の領海に侵入=世耕官房副長官
http://blogos.com/article/179532/

============

2016/6/15

2016.6.5 合同総会&記念講演会のお知らせ(演題:戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ)

kage

2016/06/02 (Thu)

【2016.6.5】藤岡信勝 講演会 名古屋>ウィンクあいち 小ホール2

演題:戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ


藤岡信勝 20_04_00

〜〜〜〜〜〜〜〜

“国連神話”から目覚めよ日本!


国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘

Amazon
藤岡 信勝 編著 2016/5/29発売
『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告』
(注意)現在、googleで本のタイトルで検索してもAmazonのURLがヒットしません。
    Amazonのページの中でタイトル検索してみてください。

Youtube
『第88回『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘』(自由社)ついに発刊!①』藤岡信勝 AJER2016.5.23(4)

国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘
 ジュネーブ国連派遣団報告  藤岡信勝編著

6月5日、藤岡氏講演会で販売いたします。

「日本軍は、20万人のアジアの女性を強制連行し、性奴隷として虐待した」
という嘘話が、今、世界中を駆け巡っている。
「慰安婦=性奴隷」の嘘を世界中に広めたのは国連だった。
「慰安婦の真実国民運動」の代表が、対日非難の拠点ジュネーブに初めて乗り込んだ。
そして、翌年、2人の女性のたった2分間のスピーチが
国連と日本政府を動かした!

ジュネーブの国連欧州本部こそ
「慰安婦」を使った日本批判の震源地。
真実を求める日本人11人が
ジュネーブに乗り込み
反日NGO(非政府組織)の策動を暴いた!

慰安婦の真実国民運動 2年間の国連活動の全てが分かる待望の活動報告ですが、
Amazon アマゾンでのカスタマーレビューは、
慰安婦の女性たちをおとしめて、日本は良い国だと思いたい人にはおススメです
という星一つの低評価で、明らかに左翼が書いたと思われるものがたった1件だけ。
これでは売れません。

google検索で一部の保守ブログ以外ヒットしないということは、この本が世に知られることがまずいと考える勢力の画策があるかもしれません。


〜〜〜〜〜〜〜〜

【iRONNA発】産経新聞 2016.3.17
慰安婦捏造 「言語の壁」で責任を隠ぺいする朝日新聞 藤岡信勝(拓殖大学客員教授)

【杉田水脈の男どき女どき】藤岡信勝、慰安婦日韓合意の罪深さと青木新左衛門の400年[桜H28/2/10]


お知らせ【2016.6.5】平成28年度 合同総会・記念講演会

500_0_20160605_世論_合同総会

・ミコスマアップローダーhttp://mikoup.ebb.jp

A4チラシ_藤岡信勝 講演会_2016_0605_名古屋
http://mikoup.ebb.jp/src/file1701.pdf

お知らせ【2016.6.5】
平成28年度 合同総会・記念講演会
・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・中国への名城住宅跡地売却に反対する会
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部

記念講演
 
演題「戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ」
   昨年1年間を歴史戦敗戦の年ととらえ、
   その総括をするとともに、今年、どのように反転
   攻勢をかけるか、その作戦を考える

講師 藤岡信勝 氏


藤岡信勝 20_04_00

講師プロフィール

昭和18年北海道生まれ。
北海道大学教育学部卒。
東京大学教授などを経て現在拓殖大学客員教授。
平成7年自由主義研究会を組織。
「新しい歴史教科書をつくる会」元会長。
著書・共著に『教科書が教えない歴史』、『汚辱の近現代史』
『国難の日本史』、『中国はなぜ尖閣を取りに来るのか』
『自虐史観の病理』『歴史問題をぶった切る』など多数。

日時
平成28年6月5日(日)
午後2時〜(開場1時30分より)
・総会    午後2時〜
・記念講演会 午後2時40分〜


会場
愛知県産業労働センター ウィンクあいち 小ホール2
〒450-0002 名古屋市 中村区 名駅4−4−38
(会場)電話 052-571-6131
(地図)http://www.winc-aichi.jp/access/

会費
・講演入場料 1,000円 

※講演後、懇親会があります(希望者のみ)
・懇親会 5,000円
・講演会+懇親会=6,000円

※当日、直接会場においでいただいても、入場できます。

お申し込み先 
FAX 052-811-2660
メール ganbare.aichi@gmail.com
電話 080-1629-8080(林) 
   090-7034-3280(水野)

主催
・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・中国への名城住宅跡地売却に反対する会
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部
後援
・日本会議 愛知県本部

去年(2015年)の合同総会 合同総会報告書

・初回告知2016/4/21

【2015.7.31〜8.2】もうひとつの戦争展「戦後レジームからの脱却」【名古屋】

kage

2015/08/01 (Sat)

第14回 もうひとつの戦争展

チラシ画像の『焼き場の少年』について

A4s_2015_もうひとつの戦争展_14

【2015.7.31〜8.2】もうひとつの戦争展「戦後レジームからの脱却」【名古屋】

第14回 もうひとつの戦争展

日時 平成27年7/31〜8/2(2015年)
会場 名古屋国際センター4階 展示室(1〜3)
   (名古屋市中村区那古野1−47−1)
アクセス 地下鉄桜通線 「国際センター」駅下車

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess
_____________

今年のテーマ

戦後70年を迎え〜戦後レジームからの脱却〜

今年は大東亜戦争の戦闘終了から70年。
戦後、日本を占領したGHQ(連合国軍総司令部)は、
「大東亜戦争」という正式名称をまず封殺し
「太平洋戦争」という言葉を強制しました。

さらに、日本を侵略国と一方的に断じて、
意に沿わない言葉・思想を徹底的に監視、統制してきました。
独立後も、これは、政治・教育・マスコミにおいて
自主的に受け継がれ、今日に至っています。

この実態を少しでも知ってもらうために
他団体とともにわかりやすいパネルや映像等を出展いたします。
講演会も含め、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、お気軽にお越しください。

夏休みの自由研究にも最適です。

_____________
検索ワード
GHQ 洗脳 工作 自虐史 日教組 マスコミの正体
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
パール判事 
_____________
*講演会 画像
2015_もうひとつの戦争展 記念講演

もうひとつの戦争展
連動企画 特別講演会


演題 戦後70年とは何か?
   〜20世紀の脱亜論と変貌する世界秩序〜

講師 西村幸祐(にしむら こうゆう)氏(作家展評論家)
   
日時 8月1日(土)14:00〜15:30(開場13:30)  

会場 名古屋国際センター 別棟ホール
   (名古屋市中村区那古野1−47−1)
アクセス 名古屋駅から 徒歩7分です。
   地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ
   名古屋国際センタービルの地下とつながっています。
   
*講演後、希望者で軍歌を歌います。16:15終了予定

参加費 1200円(前売り1000円)※学生は500円

*前売り券ご希望の方はこちらまで
 連絡先(服部)052-763-4678

主催:もうひとつの戦争展実行委員会
   もうひとつの戦争展名古屋 @sensoutenNAGOYA

戦争展のメールアドレスが出来ました。
お問い合わせ等はこちらへお願いします。
mh.sensouten@gmail.com

もうひとつの戦争展 300

▼「もうひとつの戦争展」って何?

 戦後自虐史に染まった左翼や反日勢力による
 侮日活動の場「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)の
 嘘・捏造から始まった「南京大虐殺」や
 「従軍慰安婦」の流布を阻止するために
 保守系団体が立ち上がって始めた展覧会が
 「もうひとつの戦争展」です。

 平成14年(2002)から
 左翼の「平和の・・」のカウンターとして
 毎年8月に名古屋で開催しています。(講演会も開催)

 左翼の「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)は、
 「もうひとつの・・」と同時開催を嫌い
 現在は、会場と日程を別の場所に移して毎年開いているようです。

 なぜ左翼の「平和の・・」は会場を移したのか?
 それは、来場者が、こちらの会場の展示といっしょに見比べれば
 左翼の展示内容の方がウゾだとバレるからです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜過去の記録

http://sensouten.blog.so-net.ne.jp

第09回「もうひとつの戦争展」
     2010/8/10〜15 平成22 名古屋市博物館
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25

第10回「もうひとつの戦争展」
     2011/8/9〜14 平成23 名古屋市博物館
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E38381E383A9E382B7EFBC88E4BA88E5918AE7B7A8EFBC89.jpg.html

第11回「もうひとつの戦争展」
     2012/8/13〜16 平成24 名古屋国際センター
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-205.html
*「もうひとつの戦争展」開催趣旨
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E688A6E4BA89E5B195E38381E383A9E382B7EFBC88E5B08FEFBC89.jpg.html
参加団体 出展テーマ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-19
出展内容 動画 他
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-24
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302999676-1
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2012-07-23-1

第12回「もうひとつの戦争展」
     2013/8/16〜19 平成25 名古屋国際センター
テーマ:大丈夫?日本の平和
http://blog.goo.ne.jp/kuninomahoroba81/e/2c6972832d20c83f0aca22e1b91a1bcb
チラシ
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/E688A6E4BA89E5B19525.jpg.html
参加団体出展内容解説
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E587BAE5B195E6A188E58685.jpg.html

第13回「もうひとつの戦争展」
     2014/8/15〜18 平成26 名古屋国際センター
テーマ:もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」
チラシ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html
パネル展の様子
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/2014-08-20
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(2015/7/19)