2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:❏代表より の記事リスト(エントリー順)

抗議文

kage

2016/08/16 (Tue)

抗議文

中華人民共和国 
 国家主席 習 近平 殿
在名古屋総領事館
 総領事 葛 廣彪 殿

 我々は過去数回、貴領事館を訪れ、抗議文を投函しているが、今回また抗議文を出さざるを得ない状態に至ったことは、誠に遺憾の極みである。
 貴国の公船と漁船は、今月五日以降頻繁に尖閣諸島周辺の領海に侵入し、我が国の再三の抗議にもかかわらず領海侵犯を繰り返している。我が国の報道がリオデジャネイロ五輪に集中する開会式の日に合わせてこのような侵略行為に出ることは、我が国においては「賤しい」とされ、「武士道」に悖る行為として、日本人が忌み嫌うべきものであることを申し添えておく。
 そもそも、魚釣島をはじめとする尖閣諸島は我が国固有の領土である。我が国は十九世紀末、これらの島嶼の所有権を慎重に調査し、合法的に沖縄県に編入した。それ以前に於いても以降に於いても、貴国の統治下にあったことはただの一度もない。一昨日朝、中国漁船がギリシャ船籍の大型貨物船と衝突し、沈没した際、我が国の海上保安庁の巡視船が救助したことは、この海域が我が国の施政権下にあることの証左であり、いくら既成事実を積み重ねても無駄である。
 また、貴国が日中中間線付近のガス油田に水上レーダーと監視カメラを設置したことが先日報道されたが、これは軍事拠点化に至る一歩であり容認できない。なお、国際法上、日中中間線より東側は我が国の排他的経済水域であるから、勝手な油田開発は許されないことを認識すべきである。
 貴国の領土的野望は我が国との関係にとどまらない。云うまでもなく南支那海の問題である。貴国は南支那海の実効支配を徐々に積み重ねてきたが、先月十二日、ハーグの仲裁裁判所により「九段線」には歴史的根拠も法的根拠がないことが確定したことは周知の事実である。そもそも、貴国がもつ「中華思想」は近代の国際規範とは相容れないのである。しかしながら貴国の外務省次官は、「判断は紙くずであり、拘束力はなく無効だ」として判決に従う意志がないことを示した。国際社会のルールを無視する看過できない発言である。
 これ以上、右記のような前近代的愚行を繰り返すなら、貴国は孤立の道を歩むことにもなりかねない。現在の状態は「戦争状態の一歩手前」と言っても過言ではないだろう。中国共産党の一党独裁体制の終焉となる可能性も否定できない。
 我々は、ここに改めて貴国の膨張政策に対し、抗議と怒りを言上し、以下のことを強く要求する。
一、貴国政府は、尖閣諸島が貴国の領土であるなどという荒唐無稽な主張を撤回せよ。
一、貴国政府は、我が国の領海を侵犯する行為を直ちに停止せよ。
一、貴国の、日中中間線付近のガス油田開発は、我が国との約束に基づいてのみ履行し、軍事拠点化と見られる一切の行為を自重せよ。
一、貴国は、先日のハーグ仲裁裁判所の判決を受け入れ、南支那海から撤退せよ。
一、貴国内における過激な反日デモは徹底的に取り締まり、貴国内の在留邦人の安全を確保せよ。

平成二十八年八月十三日

           頑張れ日本!全国行動委員会
愛知県本部 代表 榊原 周治
スポンサーサイト

津島市議会で在名古屋中国総領事館へ売却することに反対する意見書が可決

kage

2010/12/23 (Thu)



12月22日名古屋市に隣接する津島市の市議会で「名城住宅跡地」を在名古屋中国総領事館へ
売却する計画に反対する意見書が賛成多数で可決され、市議が作成した意見書が首相、財務省
や衆議院議長等に送付されることになりました。

中国領事館が土地を購入すると治外法権になることや使用目的に不安を感じることが記載されて
います。(以上、中日新聞より)

中国は仙台市、新潟市、名古屋市更に広島市など大都会に中心地に広大な土地を購入する動き
があります。幸いに仙台市のチャイナタウンは前市長の梅原氏の反対運動で立ち消えになりました。
新潟市は地元住民の運動で一時凍結の模様です。名古屋市は地元の反対運動を立ち上げたばかり、
広島市はこれからです。

中国は金に飽かせて日本の土地を買い漁っています。その土地が我が国の安全保障にとって重要な
場所であったり、水資源であったり、大都会の中心地であれば、簡単に容認できません。反対運動を、
全国に盛り上げて行く必要があります。 了

尖閣諸島領海内における中国船の巡視船衝突事件について、毅然たる対応を政府に求める陳情書について

kage

2010/11/09 (Tue)

頑張れ日本! 全国行動委員会愛知県本部


先日のデモは、皆さまの御支援、国民の支持を受けて大成功でした。皆さまに深く、感謝申し上げます。

この国民の支持を受けている今、地方議会でも尖閣を守るために、陳情書提出運動を進めて参りたいと存じます。愛知県と名古屋市においては、既に9月議会でこの陳情書が採択されています。

皆さまの最寄りの市町村議会及び議員に陳情書採択を働き掛けて下さい。次の議会開催は12月議会で、陳情書は今からでも受け付けています。提出期限は今月下旬が一般的です。提出先市町村の議会事務局へ電話すれば、提出手続きを丁寧に教えてくれます。

陳情書案をWORD文書とそれをPDF形式に変換した文書がそれぞれダウンロード出来ますので、ご参考にして下さい。 了


夫婦別姓反対請願書等の愛知県内の各市町の推進状況の件

kage

2010/07/13 (Tue)



日頃より、私どもの会にご支援賜り深く感謝申し上げます。



先きの参議院選挙で民主党が敗北しました。私たち当会にとって愁眉を開く思いであります。しかも、民主党の3悪法の策源地であった千葉法相の落選は誠に慶賀に堪えません。



しかしながら、管総理は千葉法相に9月までの留任を求め、千葉法相は受諾しました。選挙で落選し国民の信任を失った人物を大臣に留めるなど、民意を蔑にする無見識です。



下記の産經新聞の報道によれば、千葉法相は相変わらず三悪法の成立を狙っているようです。



< 以下、産經新聞の報道 >

千葉景子法相は13日の記者会見で、自身が選択的夫婦別姓を可能にする民法改正や人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)を推進してきたことが、参院選落選につながったかについて「それ自体が否定されたとは思っていない」と述べた。また、その上で「より前に進めて道筋をつける」と強調し、引き続き実現を目指す考えを示した。



当会の目標は誇りある日本を取り戻すことであり、その実現に向かって弛まず進みます。引き続き県内市町村の9月議会で夫婦別姓反対などの意見書採択に取り組んで参りますので、今後とも、ご支援を宜しくお願いします。

代表よりお願い

kage

2010/04/27 (Tue)

 「頑張れ日本! 全国行動委員会愛知県本部(以降「当会」と称します)」は、子供たち守る為に、本年4月18日に発足しました。

 当会を発足させる前は「外国人参政権を阻止する愛知の会」として、外国人参政権反対運動を行って来ました。皆様を始め多くの議員さんのご尽力により、県内の57市町村議会の4割を超える24の市町の議会で、外国人参政権に反対する請願書・陳情書・議員提案を採択させることができました。

 今後、当会は夫婦別姓反対運動を重点的に進めます。

 そのため、次のような運動を計画中です。私たちと一緒に、ご自分のできることをなさって下されば大変幸甚に存じます。

1.夫婦別姓や外国人参政権に反対するチラシ配布。
(1)街頭宣伝活動として駅や街で通行人に配る
行う予定の日時や場所は当ブログを参照して、参加して下さい。
(2)家々のポストに入れる。
随時行うことができます。チラシを必要な方は当会宛に連絡下さい。

2.国会議員さんや県会議員さんへの陳情活動
最寄りの議員さんに、夫婦別姓が我が国の家族制度を壊しかねない危険な法案であることを説明して下さい。
忙しい上、法案の内容をよく知らない議員さんもいますから、礼儀を弁え、丁寧に応接して下さい。きちんと説明すれば分かって頂けるはずです。乱暴な口を聞いて、反発されないように、くれぐれも気を付けて下さい。

3.夫婦別姓に反対する請願書・陳情書の市町村議会への提案活動
最寄りの市町村議会の議員さんに、請願書の文例をお見せして説明して下さい。そして、当該議会での採択の可能性を打診してもらって下さい。
採択の見込みがあれば、当該市町村議会の様式に書き換えて議会事務局へ提出します。
次回の市町村議会は6月議会と言って、6月初めから始まりますが、請願書や陳情書の提出締め切り期限は5月下旬から6月初めにあります。それぞれの市町の議会事務局へ電話して、締め切り日を調べて下さい。

4.その他誰でもできること
自分の周りの人に説明する。
当ブログに掲載してある夫婦別姓に関する資料をダウンロードしてお使い下さい。