2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

第243回 街頭宣伝活動 in 名古屋 のご報告(2018/7/14)*必見!【経済討論】これでいいのか?骨太の方針【安藤提言】

kage

2018/07/18 (Wed)

*必見!【経済討論】これでいいのか?骨太の方針【安藤提言】

平成30年7月14日

街宣報告 テンプレ004

【日時】平成30年7月14日(土)16時~18時
【場所】名古屋市中村区 JR名古屋駅東口交番前

本日、12名(弁士は6名)が参加して、4つのテーマについて訴え、5種類の署名活動を行いました。暑さ対策のためにこれからしばらくは2時間遅らせて16時スタートとなります。本日も非常に暑い一日でしたが、時間をずらしたために直射日光を浴びることもなく、また風もあったのでこの時期にしては割と過ごしやすかったように思います。

*テーマ
・移民政策反対!
・大村知事が推進する外国人雇用特区は断固反対!
・マスコミの偏向報道を許すな!
・安倍政権での憲法改正を!

*署名
・STOP!朝日新聞 プロパガンダ!
 朝日新聞に英語版での「慰安婦強制、性奴隷」の印象操作の中止を求める署名
・朝日新聞を糺す百万人署名
(慰安婦強制連行の捏造歪曲報道に抗議)
・日本に移民はいらない!署名
(愛知県がすすめる外国人雇用特区反対)
・台湾は台湾!「チャイニーズタイペイ」と呼ぶな!
 2020東京五輪は「台湾」の名称で参加を!
  (東京五輪「台湾正名」の署名活動)
・緊急出動のある自衛官の官舎の改善を求める請願

*********

野党やマスコミの必死の安倍叩きにもかかわらずに政権支持率が戻ってきました。フェイクニュースによる安倍叩きを我々は許すことができませんし、ここ最近は安倍政権支持の街宣をやってきました。が、安倍政権に問題がないわけではありませんし(いや、大ありです)、批判すべきは我々もしっかりと批判をする構えです。先日(6月15日)、いわゆる「骨太の方針」とよばれる「経済財政運営と改革の基本方針2018」が発表されましたが、これがまた非常に問題の多い代物なのです。

■内閣府ホーム>経済財政運営と改革の基本方針2018
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2018/decision0615.html

「骨太の方針2018」にはいろいろと問題があるのですが、その中でも「新たな外国人材の受入れ」といった内容が盛り込まれているのが非常に気になります。移民が大好きな大村知事は狂喜するでしょうが、日本を守りたい我々からしたら到底看過できるものではありません。また、2025年度のPB黒字化(財政健全化目標)という誤った目標が(またしても!)掲げられていますが、このPB黒字化こそが日本の経済成長を阻む最大の桎梏なのです。日本の経済が今後も停滞したままでいると日本は将来間違いなく中国の属国となってしまうでしょう。そして、中国がウイグルやチベットにおいて現在進行形で行なっているような圧政に日本人も苦しむことになるのです。そんな未来を我々は子孫に渡して良いわけがありません。「骨太の方針」は、そんな地獄へ日本人を誘う悪夢の方針と言っても決して過言ではないのです。

そんな「骨太の方針2018」ですが、全く希望がないわけではありません。「骨太の方針2018」を踏まえながらも、日本経済を再生せんとする提言が自民党衆議院議員の安藤裕先生からなされているのです。このいわゆる「安藤提言」が、日本を救うかもしれません。

■チャンネル桜 Front Japan 桜
Front Japan 桜日本を救う安藤提言 / マルクス主義を礼賛する習政権のキーパーソンは? / 西日本豪雨~なおざりにされてきた治水整備 / 老朽水道改修でなぜ民営化?[桜H30/7/11]
https://www.youtube.com/watch?v=Gtkak7ocZXM&t=1713s


■チャンネル桜 日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」
【経済討論】これでいいのか?骨太の方針[桜H30/7/14]*安藤提言
https://www.youtube.com/watch?v=8K_tY2c2gBY


パネリスト:
・安藤裕(衆議院議員)あんどう ひろし twitter HP
・上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト) twitter
・島倉原(経済評論家・株式会社クレディセゾン主任研究員)twitter
・宮崎正弘(作家・評論家)HP メルマガ
・長尾たかし(衆議院議員)twitter blog
・三橋貴明(経世論研究所所長) blog twitter
・渡邉哲也(経済評論家)twitter HP
司会:水島総

■三橋貴明 blog 新世紀のビッグブラザーへ

▶政府は躊躇なく財政拡大路線に踏み出せ
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12390198198.html

▶デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12388972238.html

▶デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(中編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12389268771.html

▶デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12389517550.html

安藤提言の骨子を述べますと、まず第一は「2019年度問題(消費増税、残業規制、東京五輪の特需終了)を乗り越えるための10兆円規模の政府需要拡大策」です。消費税が10%に引き上げられる、月30時間しか残業ができない、東京五輪の特需が終了する、となると、GDPが20~30兆円減ると予測されています。その穴埋めとして10兆円規模(本当はもっと増やしたところですが)の政府需要を拡大する、というものです。

第二は「政府試算の「経済成長ケース」を達成するために、毎年3.2%(約2.4兆円)の「当初予算」における継続的な予算拡大」です。日本政府は毎年3.2%の経済成長を目標としていますが、であれば政府の支出も3.2%(=2.4兆円)は増やそうというものです。

そして、第三が超目玉の「消費税増税対策」です。ここは大きく3つありまして、その一つ目が「軽減税率の対象拡大-軽減税率は8%ではなく5%とする」です。軽減税率の対象は今のところ「食料品」と「新聞」の2つですが、それ以外にも対象を広げるのみならず、税率を8%から5%に引き下げようというのです!これは実質上の減税であり、増税を謳いながら逆に減税するという何とも素敵な提言です。続く二つ目は「一単位あたり100万円以下のものはすべて軽減税率とする」、さらに三つ目に「個人利用のものはすべて軽減税率適用」という、これらが実現したら日本は本当にデフレから脱却できるかもしれません。さらに、安藤提言は様々な投資プロジェクトを挙げていて、「北陸新幹線の大阪接続・関空接続の事業決定」「暫定二車線高速道路の車線拡幅」といった提言がなされています。安藤提言が実現したら日本は本当に救われるのでは、と期待できるパーフェクトな内容になっています。

「骨太の方針2018」には「中長期的な視点に立ち、経済成長や豊かな暮らしの礎となる政策・プロジェクトを全国各地域で戦略的に展開し、将来世代に質の高いストックを引き継ぐ」といった一節がありますが、安藤提言はこの一節を上手く利用して、表面上は「骨太の方針2018」に逆らわずに実は「骨太の方針2018」の真逆を行くという非常に賢い内容となっているのです。安藤先生、天晴です。

政治家とはある意味、最も努力の報われない職業だと思うのです。一般の組織であれば、しっかりと仕事をこなす人間、能力の高い人間というのは同僚から見て察しのつくものですし、高く評価されて出世もするものです。しかし、政治家の場合は評価(投票)するのが有権者であり、その有権者のほとんどが政治に対して無関心ときています。人気タレントを選ぶがごとくの軽い気分で選挙が行われて、ただ外見が良いといった理由で人気が出たりしますが、しかし、政治とは本来、そんな気楽なものではありません。政治とは、己の生死をも左右するような極めて重大なものです。普段は政治に関心もない人間が訳知り顔に「政治家がしっかりとすべき」といった言葉を安易に発する風潮がありますが、政治に関心のない国民に政治を批判する資格などないのです。国民がすべきことは、政治に真剣に向き合い、安藤裕先生のように国民のためにしっかりと働く政治家を理解して少しでも力にならんと協力することです。地元の自民党国会議員に安藤提言を支持するようメッセージを送りましょう。SNSで安藤提言の動画を拡散しましょう。友人との会話でさりげなく安藤提言の話をしてみましょう。そういった小さな努力の積み重ねが日本を再生する道だと信じて・・・

【(衆議院議員)安藤 裕 HP https://www.andouhiroshi.jp/activities/workshop


(報告者Y.U)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

※現在、第2土曜日は街宣、第4土曜日はポスティング運動を展開しています。

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
スポンサーサイト
関連記事