FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

東京【街宣・告知】10.16 頑張れ安倍政権!消費増税絶対反対!外国人移民政策反対!総理の靖国神社参拝を!緊急国民行動

kage

2018/10/16 (Tue)

東京 街宣 LIVE・Youtube 10/16 15:00〜


【告知】10.16 頑張れ安倍政権!消費増税絶対反対!外国人移民政策反対!総理の靖国神社参拝を!緊急国民行動[桜H30/10/12]

●東京【街宣・告知】2018.10.16
頑張れ安倍政権!
消費増税絶対反対!
外国人移民政策反対!
総理の靖国神社参拝を!緊急国民行動
日時:平成30年10月16日(火) 15時00分~17時30分
場所:首相官邸前~第二議員会館前
主催:頑張れ日本!全国行動委員会
http://www.ganbare-nippon.net
===========

今、安倍政権が絶対にやってならないことが2つあります。それは「消費増税」及び「外国人移民の受け入れ」です。

今、安倍政権が絶対にやってならないことが2つあります。それは「消費増税」及び「外国人移民の受け入れ」です。

【告知】10.16 頑張れ安倍政権!消費増税絶対反対!外国人移民政策反対!総理の靖国神社参拝を!緊急国民行動[桜H30/10/12]

消費増税を絶対にやっていけない理由を本ブログでもこれまでに何回も書いてきましたが、重要なことなので再度さらっておきましょう。私の拙い説明を読むよりも、実際に以下の動画を見てもらうのが一番なのですが、動画を見る時間がないという皆様のために要点のみ書き出しておきます。

◆安倍政権は嘘つき内閣である(三橋貴明ブログ2018/09/11)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12404118186.html

◆週刊三橋TV 第1回 【安倍政権は嘘つき内閣である】
https://www.youtube.com/watch?v=NG4M12vQJ6w

・「経済」とは「経世済民」の略。「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」。平たく言うと「国民を豊かにすること」であり、これが政府の目的

・企業は利益の追求が目的、一方で政府はNPOであって利益の追求が目的ではない

・しかし、日本はこの20年間というもの、政府が経世済民の精神を忘れてしまっている

◆週刊三橋TV 第2回 【消費税はなぜ国民に残酷なのか?】
https://www.youtube.com/watch?v=2irWBZasRZw

・消費税は日本の歴史上で最も残酷な税制

・消費税は、所得の多寡にかかわらず消費分に一律にかけられる税なので、一見平等に見えて実は非常に不平等。弱者に厳しく強者に優しい格差拡大型の税制

・低所得者は所得の多くを消費に回さざるを得ないので、消費税として徴収される額の(所得に対する)割合が高くなる。高所得者はその逆

・税は景気の安定化装置としての一面を持つ。不景気な時は減税、逆に好景気な時は増税することにより景気を安定化させる(デフレ下の今は当然減税をして経済を復活させるのが先決)

・所得税や法人税は「所得」にかけられる税なので、不景気な時は減税、逆に好景気な時は増税することとなって景気の安定化装置として正常に機能する

・人は景気が良かろうが悪かろうが食べる量はさして変わらない。つまり、消費は景気に左右されにくい。その「消費」に税をかける消費税は景気に左右されにくく、所得税や法人税と比較して非常に安定した財源となる。すなわち、景気の安定化装置として正常に機能しない

・消費税は安定した財源となるので、本来は欠陥税制であるにもかかわらず財務省はこれをやりたがる

・誰かが働かない限り、モノやサービスが生産されず、所得は生成されない

・モノやサービスが生産されても、消費や投資として支払い(支出)が行わなければ、所得は生成されない

・消費や投資のためのお金は、所得から支払われる

・「生産」「支出」「所得」の3つは必ず同じ金額となる。例えばあなたが友人に肩たたきのサービスをして1万円を得たとする。あなたは1万円分のサービスを「生産」し、友人は1万円を「支出」し、その結果あなたは1万円の「所得」を得る。3つは必ず同じになるのは当たり前の話

・GDP(国内総生産)は、国内の「生産の合計」であると同時に「支出の合計」でもあり、また「所得の合計」でもある。つまり、GDPが増えている国は豊かになっていると言える。日本はこの20年間、GDPが横ばいなので豊かになっていない、すなわち、経世済民がされていない

・生産者一人当たりの生産量を増やすことが生産性の向上。すなわち、生産性を向上するとGDPが増えて所得が上がり、国民が豊かになる

・政府が消費税増税による増収分を全て支出に回したのであれば、全体の所得は減らない

◆週刊三橋TV 第3回 【消費増税で日本国民が貧乏になるカラクリ】
https://www.youtube.com/watch?v=GDPIcQl5pNY&t=11s

・実際は政府が消費税増税による増収の8割を借金の返済に回してしまっているために、その分が誰の所得にもならず、所得が失われて国民が貧困化している。いわば、政府が消費税増税による増収の8割をブラックホールに吸い込ませているといった形になっており、これでは景気が良くならないのは当たり前の話である

・つまり、消費増税は国民を貧乏にする政策である

・2014年4月の消費税増税時、「消費税率の引き上げ分は、全額、社会保障の充実と安定化に使われます」と国民に約束したのにも関わらず、実際はその8割を借金の返済に回しているのであるから、安倍政権は嘘つき内閣である

・公務員を叩いて公務員の給与を減らしたとする。すると、彼らが消費を減らすので、その分だけ誰かの所得が減る。つまり、誰かを悪者にして叩くことで、他の誰かが足を引っ張られることになる。国民経済はつながっているのだ。公務員・電力会社・農協・土建会社といった「敵」を作り出して叩くことで鬱憤は晴れるかもしれないが、その結果、誰かの足が引っ張られることになる。その「誰か」とは自分かもしれない。今の日本は皆が足の引っ張り合いをする醜い社会に成り下がっている。

・国民経済を理解していないのは国民のみならず、政治家・学者・ジャーナリスト・経済界といった一般に知的水準が高いと思われている層も理解していない。よって、誤った政策がどんどんと推し進められてしまう。そういったいわゆるインテリに消費増税の必要性を吹き込むのは、消費増税をしたくてたまらない財務省官僚である

・そうやって、消費増税止む無しの空気が形成されてしまう。これを打破するには、国民が賢くなるしかない

以上からわかるように、消費増税をしたら景気が冷え込むのは自明なのです。だったら最初からやらなければ良いのですが、安倍総理は消費税を予定通り引き上げると表明してしまいました。

◆残酷な消費税を本当に増税するのか(三橋貴明ブログ2018/10/15)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12411998073.html

我々草莽は、最後まで消費増税阻止のために声を上げ続けなければなりません。決して最後まであきらめてはいけないのです。


ーーーーーーーーーーーーーー

(報告者Y.U)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

※現在、第2土曜日は街宣、第4土曜日はポスティング運動を展開しています。

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
スポンサーサイト
関連記事