FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

[2019.6.9]合同総会 報告書 記念講演『国と自然を守るということ』葛城 奈海 氏

kage

2019/06/16 (Sun)


[2019.6.9]合同総会 報告書
==========
【2019】令和元年度 合同総会・記念講演会
日時:令和元年6月9日(日)午後2時〜
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-846.html
 ・日本世論の会 愛知支部
 ・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
 ・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部
記念講演 
 演題:国と自然を守るということ
 講師:葛城 奈海 氏
(かつらぎ なみ)
葛城奈海 モノクロ 赤300

==========
 合同総会及び記念講演会に参加された皆様、厚く御礼申し上げます。

我々にとって1年の終わりと始まりの日でありますが、今年も無事に終えることができました。今年も多くの方に参加していただき、盛況のうちに終えることができました。本当にありがとうございます。

今年も藤沢ただまさ先生(名古屋市議会議員)と三輪和雄先生(日本世論の会会長、頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事)が来賓として駆けつけてくださいました。また、神田憲次先生(衆議院議員)にもお越しいただき、お祝いの言葉をいただきました。

今年の記念講演会はチャンネル桜でもお馴染みの葛城奈海さんをお招きして、『国と自然を守るということ』という演題で1時間超のお話をいただきました。その後の質疑応答の時間に非常に多くの方が質問をされましたし、大変に充実した記念講演会であったと思います。記念講演会の後は葛城さんの御著書『大東亜戦争 失われた真実』のサイン会が催されました。

紀伊國屋書店

 葛城さんはチャンネル桜で『海幸山幸の詩』という番組のキャスターを務められています。このシリーズの中から、講演中に葛城さんが推薦された回をお届けします(他の回もユーチューブで視聴可能です)。

✿チャンネル桜Youtube【海幸山幸の詩 #32】[桜H30/7/21]
▶来たる御代の大嘗祭に向けて
▶大正から伝わる六ツ美「悠紀斎田」お田植えまつり

https://www.youtube.com/watch?v=7znBCLSv9us


 新たに即位した天皇が最初に行う新嘗祭を「大嘗祭」と呼びますが、この大嘗祭は一代一度かぎりの最も重要な儀式であると言えます。この儀式に献納する新穀を育てるための特別な水田として、京都を境に東西から一ヶ所ずつ、「悠紀斎田(ゆきさいでん)」と「主基斎田(すきさいでん)」が選ばれるのです。

大正天皇即位の際、愛知県岡崎市の六ツ美地区が「悠紀斎田」として選ばれたのですが、その当時から今に至るまでこの地においてお田植えまつりがずっと続いているのです。栄誉ある斎田を後世に伝えんと、また、米づくりの伝統を継承せんと、今でも多くの人々が参加して祭が行われているのは何とも素晴らしいことです。

今を生きる我々はこの日本を少しでも良いかたちで後世に渡すべく努力すべきですし、連綿と続いたそのような努力の結果として今の我々が生きているのです。今を生きる人々との横のつながりももちろん大事ではありますが、過去と未来を結ぶ縦のつながりもしっかりと認識して、その責務を果たすことこそが人生に意味を与えるのではないでしょうか。

 我々日本人は、世界に誇る長い歴史を持つ国の国民として生きていますし、これがどれほど素晴らしいことかについては言葉では言い尽くせません。しかし、世界には、国を失い、民族浄化にさらされる不幸な人々もまた多くいます。中国によるチベット、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)の弾圧から視線を逸らさないでください。国を失うというのはこういうことなのです。

✿チャンネル桜Youtube【Front Japan 桜】[桜H30/5/17]
▶世界史上最悪!中国の残虐植民地支配暴露
▶戦争へ~中東のやらせ芝居の先
▶沖縄復帰~頑張れ日本!報告

https://www.youtube.com/watch?v=g8rOm-vk0hY


【葛城奈海の直球&曲球】
▶ウイグルが鳴らす日本への警鐘
https://www.sankei.com/column/news/180426/clm1804260004-n1.html

 家庭の中でもウイグル語の使用を禁じられて中国語を強制され、家庭内に漢民族の人間を必ず一人は同居させています。一割もの(無実の)ウイグル人が強制収容所に入れられていますが、そうやって減らされた家族と入れ替えに漢民族の人間を置くのです。父親が連れ去れらた家庭には男性の漢民族、母親が連れ去られた家庭には女性の漢民族、といった具合です。そしてさらに監視カメラを家庭に据え付けるという徹底ぶりです。また、5歳以下の子供を収容所に入れて洗脳教育を施してテロリストとして育成しています。人はここまで残酷になれるものなのか、と戦慄します。

 葛城さんが、「東トルキスタン亡命政府」の大統領のアフメットジャン・オスマン氏に「このような惨状となる前に、武力でもって立ち上がるべきであったとは思われませんか」と問うたところ、氏は「そう思います。これまで3度の武装蜂起のチャンスがありましたが残念ながらその機会を逸してしまいました。今、4度目に向けて準備しています」とためらいもなく答えられたそうです。「戦争反対」を唱えれば平和が訪れると考える連中、9条を唱えれば平和が維持できると考える連中には、是非ともウイグルの現状を直視していただきたい。そして、そんな惨状を前にしてもあなたがたは「戦うのを止めなさい」と言えるのでしょうか?

 「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」(平成29年度・内閣府)によると、外国から侵略された場合に「一切抵抗しない(侵略した外国の指示に服従し、協力する)」と答えた人は、驚くべきことに6.6%にも上りますが、この人たちはウイグル人の現状など全く知らないのでしょう。国がなければ、我々の生活は一日たりとも成り立たないのです。そして、国を守るということは、無数の先祖と無数の子孫に対して責任を果たすことであり、人間にとって最高に価値があることを忘れてはなりません。また、国を守るためには時として武力が必要であることは言うまでもありません。そのような志を抱いて危険を顧みずに職責を果たす自衛官に対して私たちは心から感謝すべきなのです。

先祖と子孫への責務を果たすことを念頭に置いて日本人としての人生を生き抜く以外にないのだ、と、葛城さんのお話を聞きながら改めて思いました。

✿チャンネル桜Youtube【ウイグルの声/Uyghurlar Awazi #1】[桜H28/7/29]
▶ウイグルの基礎知識及び「7・5 ウルムチ虐殺事件」について
https://www.youtube.com/watch?v=zYQHyCvdVok&t=1796s


〜〜〜〜〜〜〜
*特定非営利活動法人 日本ウイグル協会
http://uyghur-j.org/japan/
*告知:2019年7月6日(土)ウルムチ事件10周年追悼デモ(デモ行進と中国大使館前抗議)
〜〜〜〜〜〜〜

 葛城さんのお話を興味深く聞いた後、葛城さんを囲んだ懇親会では記念講演会に引き続いて葛城さんへの質問タイムが設けられ、非常に楽しいひとときを過ごしました。来年も良い合同総会及び記念講演会を開催することができるよう、またこれから1年、頑張って活動をしていく所存ですので、どうかご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

(報告者Y.U)

・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部

頑張れ日本300愛知kuro2

チャンネル桜
スポンサーサイト
関連記事