FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

第268回街頭宣伝活動の御報告(2019/9/15)*大村愛知県知事は公金支出の芸術祭が反日プロパガンダ集団に乗っ取られた責任を取って辞職しろ!

kage

2019/09/16 (Mon)

今後の予定(ポスティングは暫くお休みです)
・(09/28)第4週(土)午後3時〜名古屋駅東口前 抗議街宣
(10/03)第1週(木)午後4時30分から愛知県庁前で抗議街宣を行います。※開始時間変更
・(10/12)第2週(土)午後3時〜名古屋駅東口前 抗議街宣
(10/27)第5週(日)午後2時〜名古屋駅東口前 大型街宣★
      ※10/26(土)の街宣はありません
============

*大村愛知県知事は公金支出の芸術祭反日プロパガンダ集団に乗っ取られた責任を取って辞職しろ!
大村 辞職 街宣


第268回 街頭宣伝活動 の 御報告(2019/9/16)

【日時】令和元年9月14日(土)15時~17時
【場所】名古屋市中村区 JR名古屋駅東口交番前

本日(9/14)、12名(弁士は8名)が参加して、大村愛知県知事の辞職要求を訴え、5種類の署名を集めました。

【テーマ】大村愛知県知事は辞職せよ!

【署名活動】

(1)大村秀章 愛知県知事に辞職を求める署名 
但し、リコールではありません(理由は下段をご覧ください)
(主催:頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部

(2)美しい日本の憲法をつくる1000万人の賛同署名
(主催:美しい日本の憲法をつくる国民の会

(3)台湾は台湾!「チャイニーズタイペイ」と呼ぶな!
 2020東京五輪は「台湾」の名称で参加を!
 東京五輪「台湾正名」の請願署名
(主催:台湾2020東京

(4)緊急出動のある自衛官の官舎改善を求める請願署名
(主催:自衛官を守る会

(5)放送に関する「規制緩和」を進めるための署名
(主催:国民の知る権利を守る自由報道協会)(署名の諸注意
_____________

9月に入ってからの残暑には皆さんも参っていることでしょう。しかし本日は、昨日までの残暑が和らいで割と過ごしやすい天気となりました。そのような気持ちの良い空の下、各弁士は大村愛知県知事辞職の要求を道行く人々に懸命に訴えていました。署名をしてくださった皆様には厚く御礼申し上げます。

「あいちトリエンナーレ」における「表現の不自由展・その後」騒動で醜態を愛知県民に、いや、日本国民に晒した大村愛知県知事には、一刻も早く政界から去ってもらわなければなりません。我々は、9月28日(土)に名古屋駅にて街頭宣伝活動、さらには10月3日(木)16時30分から愛知県庁前にて抗議を行う予定です。都合のつく方は是非とも参加の程ご協力よろしくお願いします。

_____________

責任を取れ 01


(9/14)の街宣、各弁士の訴えていた内容をまとめると次の通りです。

◆「昭和天皇の御真影を焼く映像や特攻隊員を侮辱するような「作品」は「芸術」と呼べるような代物ではなく、単なる日本ヘイト・反日プロパガンダに過ぎない。そのようなものに公金を使うのは不適切であるし、内容を事前に知りながらそのような展示を許可した大村愛知県知事は公人としての資格がなく、即刻辞任していただきたい」

◆◆大村知事は、憲法第21条を持ち出して「表現の自由」がどうのこうのとほざいていますが、公共の施設において展示する内容については公序良俗に反するものであってはならないのは常識です。一例を挙げましょう。映画館という管理された空間において、年齢制限を設けた上で鑑賞が認められている類の映画がありますが、そのようなものを青少年の目に触れる場所において流してはならないのは当り前です。大村知事の論法は、展示して良いものと悪いものを公権力が判断して展示を不許可とするのは「検閲」に当たるのでしてはならない、といったものですが、とすると大村知事はそういった類の映画を公共の施設で流しても良いという考えの持主なのでしょうか。

◆◆◆今回、開催早々に大量の抗議や脅迫が殺到し、「表現の不自由展・その後」はたったの3日で展示中止に追い込まれました。大村知事は、安全面を配慮しての中止だ、といかにも被害者のごとく振る舞っていましたが、中止を決定したのは大村知事自身です。これが、例えば会場が爆破されて開催ができなくなったのであれば「中止させられた」とも言えるでしょうが、たとえ脅迫されたとしても会場の警備を厳重にすれば続行は可能だったはずです。ですから、「中止させられた」のではなく「中止した」のですし、脅迫を言い訳にして(大村知事が言うところの)「表現の自由」を奪ったのは大村知事自身です。おそらく、これ以上続けると自身への攻撃がどうしようもなくなるからここらで止めておこう、という保身の心理が働いたのでしょう。自分が本当に信じていることであれば、批判されようが堂々と貫けば良いのですし、であればまだ敵ながら天晴の気持ちにもなりますが、流石の大村知事でも「表現の不自由展・その後」に展示された「作品」が「芸術」に値するような高尚なものでは全くない、という程度の認識はあったのでしょう。ですから、(議論しても全く勝算がないので)すぐさま折れる、というまことに情けない姿を世間に晒したのです。政治とは、人々の生死をも左右させる極めて厳しい世界でありますし、であるからこそ政治家がものごとを決断するに際しては己の生命をかけるくらいの気迫がなければ政治家など務まるはずもありませんが、大村知事にはそのような覚悟が全く感じられません。単なる保身野郎なのです。

◆◆◆◆「あいちトリエンナーレ」には愛知県民・名古屋市民から徴収した税金が投入されています。愛知県民・名古屋市民である筆者は、「表現の不自由展・その後」なるまことに下らないものに自分が払った税金が使われたことに激しい怒りを感じますし、多くの納税者がそう思っていることでしょう。つまり、大村知事は納税者の期待を裏切ったのです。であれば、納税者に対して謝罪すべきなのですが、そのような言はこれまでに全く発せられていません。それどころか、芸術監督の津田大介氏に全ての責任をなすりつけ、自分はこの問題から逃げ回っています。これは非常に卑怯な振る舞いです。と言うのも、大村知事は「あいちトリエンナーレ実行委員会」の「会長」という最高責任者ですし、「表現の不自由展・その後」の内容を事前に知っていたのです。であれば、責任を免れないのは当然ですし、こんなことは政治の世界に限らずに世間一般に当てはまる話です。部下がやった仕事のミスの責任を取らない上司など、そもそも上司の資格がないでしょう。「部下のミスは部下のせいだ。私には関係ない」などと平気でほざく上司は世間一般にもそうそういないでしょうが、大村知事の言っていることはこの上司と同じなのです。

◆◆◆◆◆ちなみに、大村知事に責任をなすりつけられた津田氏が、今度は「表現の不自由展・その後」実行委員会に責任をなすりつけるという、まことに見苦しいバトン渡しをしていますが、大村知事のみならず、津田氏にも事の深刻さをよく考えていただきたい。大村知事は「会長」、津田氏は「監督」という肩書を与えられて、相応の権限が与えられているのですから、人のせいになんかできはしないのです。そして、相応の報酬もしっかりともらっているのではありませんか。逃げ回ってばかりおらずに、正々堂々と戦うか、あるいは、過ちがあったのであれば素直に認めるべきです。世の中、正直者が結局は得をするのです。実際、不正直な大村知事と津田氏は、その無様な姿を日本中にさらけ出して自身の株を思いっきり下げ続けているではありませんか……。


◆「表現の不自由展・その後」騒ぎから1ヶ月が経ち、NHKが「クローズアップ現代」で「表現の不自由展・その後」を取り上げましたが、1ヶ月間の検証期間がありながらも信じられない程の偏向報道をしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎NHKクローズアップ現代
2019年9月5日(木) 22:00 放送「表現の不自由展・その後」 中止の裏で何が
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4324/index.html
>1か月前、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展、「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到、わずか3日間で展示が中止になりました。取材を通して見えてきたのは、猛烈な抗議や脅迫の実態です。また、さまざまな催しが中止となる事態は、トリエンナーレの前から各地で起きていた事もわかってきました。いま、日本社会に何が起きているのか、考えます。
出演者
ロバート・キャンベルさん (日本文学研究者)
岡村幸宣さん (原爆の図 丸木美術館学芸員)
武田真一 (キャスター)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎政治ブログ>正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現ブログ
NHK「クローズアップ現代」(あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」)まとめ
▶NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7618.html

◎Youtube文化人放送局♯269
【報道特注】NHKをぶっ壊す!クロ現の偏った報道が酷すぎた【生田×門田×和田×足立】
https://www.youtube.com/watch?v=OsSpqq7rWL4

2019年9月9日 収録
【出演者】
生田よしかつ (築地まぐろ仲卸三代目)
和田政宗(自由民主党)
足立康史(日本維新の会)
門田隆将(作家・ジャーナリスト)


◎門田隆将(作家・ジャーナリスト)
NEWSポストセブン 2019/9/7
クロ現「表現の不自由展」特集で痛感した「NHKという病」
>表現の自由をめぐる議論が熱を帯びるのは、情報の流れとリテラシーの変化による部分も大きい。作家・ジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。


◎門田隆将(作家・ジャーナリスト)twitter
9月11日


9月6日

〜〜〜〜〜〜〜
◎NAVERまとめ
「表現の不自由展・その後」を放送したNHKクロ現が悪質カットや編集のプロパガンダを放送
#クロ現NHK クローズアップ現代+ 更新日: 2019年09月06日
https://matome.naver.jp/odai/2156770525576161901
〜〜〜〜〜〜〜

朝日新聞 「表現の不自由展」中止
2019年9月4日 河村市長「トリエンナーレ説明不十分」 大村知事に文書
https://www.asahi.com/articles/ASM94557SM94OIPE01L.html

朝日新聞 「表現の不自由展」中止
2019年9月12日「不自由展」で大村知事が県HPに文書 河村市長に反論
https://www.asahi.com/articles/ASM9C6KC8M9COIPE01S.html
スポンサーサイト



関連記事