2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

11月11日デモの報告

kage

2012/11/12 (Mon)

昨日の第8回デモは前回に引き続き雨中の行進となりましたが、120名の方に参加いただき、無事終了致しました。
雨の中参加してくださった皆様、本当に有難うございました。あの雨は皆様の憂国の涙だったかもしれません。

デモ前の集会では東京より、永山英樹氏(頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事、台湾研究フォーラム会長)(三輪和雄氏(頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事、日本世論の会会長)のスピーチがあり、そのあと来賓の藤沢忠将名古屋市議会議員と頑張れ日本多治見支部の小笠原秀春氏の挨拶がありました。続いて、頑張れ日本!全国行動委員会の田母神会長、衆議院議員稲田朋美氏、参議院議員山谷えり子氏、前衆議院議員赤池まさゆき氏からのメッセージが披露され、恒例の三輪和雄氏のシュプレヒコールで締めて出発しました。

今回のアナウンスとシュプレヒコールは、中国の危険性と、名城住宅跡地売却問題を表現するに際し、少々尖鋭な言葉(人殺し国家中国というような)と実在の局アナの名前を挙げて人々の関心を引き、報道しない知らせないことは外患誘致につながる、という趣旨の訴えをしました。
プラカードもそれに合わせて作成しています。

デモ後の集会では、ゲストのお2人の総評、永山英樹氏の聖寿万歳があり、そのあと場所を移動して、雨がひどくなる中、中国領事館前での抗議活動をし、抗議文を読み上げ、投函しました。

最後に喫茶店で40名ほど希望者のみの懇親会があり、長い一日が終わりました。
皆様、本当にお疲れ様でした。

後日、写真を掲載します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック