2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

第183回(11/14)街宣の報告(名古屋駅東口交番前)

kage

2015/11/21 (Sat)

gaisen_20151114_0863

■報告・東海財務局に署名を提出(2015.11.18)

第183回街頭宣伝活動の御報告

平成27年11月14日(土)名古屋駅東口交番前

雨の降ったり止んだりの天気の中、11名の同志が集まり、
のべ8名の弁士による演説と、
チラシ配布および署名活動による街頭宣伝が行われました。

戦後70年を経た現在なお、
戦後体制という鎖に手足を捉われている日本に対し、
中国共産党や南北朝鮮による武力によらない侵略が行われ、
愛知県・名古屋市もその例外ではありません。

実例をあげれば、中国共産党が仕掛けている
「歴史戦」のメインテーマである「南京」です。

中国共産党の強い影響下で反日プロパガンダ機関に成り下がった
ユネスコという国際機関を利用しての
『記憶遺産登録』という新手を仕掛けてきましたが、
彼らのいう「南京大屠殺」などというものは全くの虚構であり、
支邦事変における南京攻略戦において
日本軍が当時の国際法に非常に配慮して行動していたことが、
極東国際軍事裁判(東京裁判)において
松井岩根大将が南京における事実関係を争った経過や、
客観的証拠により明らかになっております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
A級戦犯ではなかった松井石根大将
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/43606186.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

で、あるにも関わらず、中国共産党は何故?、
「南京大虐殺」などという大嘘までついて
日本に歴史戦をしかけてくるのでしょうか? 

そもそも、中共の「歴史戦」の目的は何なのでしょうか?

中共、および南北朝鮮が仕掛ける歴史戦の内容と、
それにより日本に起きていることがらを考え合わせると、
主に以下の3点が、「歴史戦」の目的として浮かび上がります。

(1)「日本という価値」の陳腐化
  
・歴史プロパガンダにより日本に揺さぶりをかけることにより、
 意見や立場の相違する日本人同士の分断や対立を助長し、
 日本人同士で争わせることにより日本社会が歴史問題に関して
 一致団結した行動をとれないように陥れる。
  
・過去、現在、未来における
「日本であること、日本人であること」の価値を日本人自身から喪失させる。
 →祖国の価値が分からない人が増えれば、
 それはもはや民族や国民国家ではなく、
「守るべきもの」を失った群集に過ぎなくなります。
 そして、日本は「国や地域の問題・政治に関心が無い人々」、
「カネと世俗的・個人的な欲求にしか
 関心が無い、それしか分からない人々」の集団に成り果てます。
 
 このような考え方の人が多数を占める社会では、
 外国から仕掛けられる「歴史認識の強要・謝罪と賠償」や
「改革・規制緩和、グローバル化」などという名の侵略に対して、
 それを疑うことも警戒・抵抗・撃退することも出来なくなります。

 例えば、歴史認識に絡む謝罪や賠償、領土の放棄、移民受入れ、
 関税自主権の放棄、公共セクターでの外資規制撤廃などを
 外国が日本に望む場合、日本人が日本に対して愛着をもつ集団なのか、
 そうでなく自己の利益に拘って内輪もめに明け暮れる烏合の衆なのかで、
 外国にとってのやりやすさは全く違ったものになるでしょう。

(2)日本に適切な安全保障政策をとらせない
  
・歴史プロパガンダにより、
「日本人は残虐な民族、日本は武器を持たせると何をするか分からない凶悪な国」
 というイメージをつくり、日本が自国の国防を議論し、
 国防力を増強しようとするときの国内における世論や
 政治のハードルを上げ、国防に関する議論や検討をすることすら封殺される。
 →実例として、先般の安保法制での「戦争法案」
「徴兵制復活」などといった事実に反するレッテル貼りや、
 極左集団・学生・一部政党までも巻き込んだ狂騒的デモ、
 自衛隊の活動や防衛予算増額への狂信的反対、
 憲法改正の議論がいつまでたっても前に進まない。などがあげられます。
  
・日本の安全保障をどうするかは日本の問題であり、
 主権の根幹に関わる問題であるのに、国内のマスコミや
 政治家を使ったあからさまな外国の工作によって日本の世論が扇動され、
 操作されることで、事実上、自分の国を自分で守るという
 日本の主権が制限された状態になっている。
 →沖縄の基地移転問題や琉球独立論などが実例で、
 完全に日本の主権を侵害している中共の息がかかった政治謀略であり、
 現実問題として尖閣諸島周辺の領海・領空への接近挑発という
 日本の安全保障上の危機を招いていますし、
 普天間基地周辺の住民の皆さまの危険も軽減されないままです。

 日本がまともに安全保障政策がとれなければ、中共は東シナ海はもちろん、
 南シナ海でも現在以上に暴れ回り、日本のシーレーンを危機に陥れ、
 やがてはオバマ米大統領に言い放ったように
「米中による太平洋分割支配」を実現することでしょう。
 当事者である日本人自身が右だ左だと内輪もめしているのに、
 いざとなったらアメリカが助けてくれるなどと考えるのは現実味の無い空想です。

(3)金銭・利権目的

・慰安婦問題での本来不必要な金銭支払で実証されている。
・徴用工や化学兵器処理でも現在進行中。

以上のように、「歴史戦」の目的は日本と日本人に
真っ当な思考や政策を行わせないことであり、
特に過去の戦争に絡めての歴史戦は、
日本の安全保障政策を停滞させることに直結するものなのです。

先日、11/7にチャンネル桜にて放送された、
『【討論!】『南京大虐殺』記憶遺産11文書を検証する』では、
南京虐殺など無かった、それはいくらでも証明できる事実である。
しかし、中共の深謀遠慮ともいえる歴史戦の意味とともに
「南京の真実」が国民の常識になり、かつ、「世界の常識」にならなければ、
日本に仕掛けられている歴史戦を克服することはできないのであって、
これまで取り組んできた真実の究明とその周知活動に加えて、
今後の新しい方向性が検討され、いくつかの具体案も示されております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1/3【討論!】『南京大虐殺』記憶遺産11文書を検証する[桜H27/11/7]

https://www.youtube.com/watch?v=P4-pV7Iy6AM
2015/11/07 に公開
◆『南京大虐殺』記憶遺産11文書を検証する
パネリスト:
 阿羅健一(近現代史研究家)
 江崎道朗(評論家)
 藤岡信勝(拓殖大学客員教授)
 水間政憲(ジャーナリスト)
司会:水島総

【直言極言】情報公開、支那に痛撃を与える決定打![桜H27/11/6]

2015/11/06 に公開
中共が申請した「南京大虐殺記憶遺産」に関し、今後どのような反撃をしていくべきなの­か?海外から「歴史修正主義者」のレッテルを回避しつつ、最大限の効果を期待できる運­動方針について提起させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=yDMTloNcFhE

*歴史戦の闘い方>>情報公開electric_bulb02.png

【東京都千代田区】11.28(土)「南京大虐殺」の歴史捏造を正す国民大集会
http://www.ganbare-nippon.net/info/view/2

チャンネル桜 ロゴ photo

http://www.ch-sakura.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チャンネル桜、そして頑張れ日本!全国行動委員会の
このような活動を支えるのは、人と資金、です。
チャンネル桜でも、かつては英語版を放送してもいました、
しかし、資金の枯渇により継続することができなくなりました。

現在でも、多くの心ある皆さまからの暖かい寄付や、
無償の奉仕によって、チャンネル桜や
頑張れ日本!全国行動委員会の活動は支えられています。

しかし、現実として現状維持が難しい資金状況であり、
参加人数の状況なのであります。

チャンネル桜が企業として放送を続けるにはお金が要りますし、
南京の資料を学術的に通用するレベルで
英訳するにはそれ相当の人材に任せることも必要で、タダではできません。

日本には中共・朝鮮との歴史戦以外にも多くの重要な問題がありますし、
皆様それぞれに思うところもあるでしょうが、
個々の問題の拡散に優先して、
チャンネル桜・頑張れ日本!全国行動委員会という存在を、
これまで触れたことが無いという皆さまに
お知らせしていくというところに目を向ける必要を感じます。

というのも、今回の街宣では、悪天候にも関わらず、
高校生や大学生、お若い夫婦や30・40台の勤め人らしき方といった、
多様な皆様が署名をして下さり、現場の皮膚感覚としては、
頑張れ日本やチャンネル桜に興味をもってくれる方の特性も
変化している気配を感じます。

このような皆様には、個々の問題を訴えるとともに、
チャンネル桜というコンテンツに触れてもらうことが
先ずは大切なのではないか?と感じた街宣でありました。

雨の中の街宣に足を止めていただき、チラシを受け取り、
また署名をいただいた皆さま、本当にありがとうございます。

参加していただいた有志の皆さま、
警備に当たられた関係者の皆さま、ご苦労様でした。

今後とも、皆さまからの御理解と御参加・御支援のほど、よろしくお願いします。
季節は寒さに向かいます。ご自愛ください。

以上

(報告 担当:安城の林)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com
【中国への名城住宅跡地売却に反対する会】
http://blog.goo.ne.jp/kuninomahoroba81

頑張れ日本 反対する会 300
____________

gaisen_20151114__0850

gaisen_20151114_0838

gaisen_20151114_0860

gaisen_20151114_0857

gaisen_20151114__0845
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック