2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

【2016.7.8 東京】山田 宏(やまだ ひろし)総決起大会(個人演説会)★★★

kage

2016/07/06 (Wed)

山田宏20160708演説会

japa001s_20160711155412337.gif

YAhoo! 参議院選挙2016>比例代表>自由民主党(当選)山田宏

【2016.7.8 東京】
山田 宏(やまだ ひろし)
総決起大会(個人演説会)

日時 7月8日(金)
   18:30-20:00(開場18:00) 

場所 セシオン杉並(社会教育センター) ホール


東京都 杉並区 梅里1-22-32(東京メトロ 東高円寺駅 徒歩5分)

応援弁士:下村 博文 (しもむら はくぶん)前文部科学大臣
     丸川 珠代 (まるかわ たまよ)環境大臣 ほか


山田宏公式サイト
https://www.yamadahiroshi.com/message.html


「教育」の道を拓く

山田宏は、知識や技術の教育だけでなく、
人格を高める教育のためには、
自虐的な歴史教育をやめて、
日本人として生まれたことに誇りの持てるような
歴史教育に転換すべきと考え、
2005年全国の市区町村では初めて公立中学校での
「新しい歴史教科書」の採択を行いました。

■静まる成人式~杉並区長時代の山田宏の『英霊の遺書』講演
https://www.youtube.com/watch?v=XxNvKkN4644


11年間の杉並区長としての成人式で、
毎年山田宏区長(当時)は、親への感謝、
そして­多くの先人達への感謝から成人が始まると、
『英霊の遺書』を紹介。
この感動的な成人式は政治評論家の故・三宅久之氏も大絶賛しました。

★「日本の名誉回復」への道を拓く

「歴史問題」は、わが国にとっては「今日問題」です。
歴史が歴史家の範疇である限りは問題ありませんが、
政治によって歴史を歪め捏造し、
それを利用してわが国を貶めようという国内外の策謀に対しては、
政治家ならば断固として「日本の名誉」を守る義務があります。

なぜなら、歪められ捏造された歴史によって、
わが国の青少年がいつまでも卑屈になり、
また退廃に流れることを阻止することは、
政治家の最も大事な責務の一つと考えるからです。

山田宏は、平成26(2014)年2月の衆議院予算委員会で
「慰安婦問題」を取り上げ、「河野談話」作成の事務責任者であった
石原信雄元官房副長官に対する参考人質疑を行いました。

その結果「河野談話」が根拠薄弱の
「政治文書」であったことが初めて明らかになり、
その後「慰安婦問題」に火をつけた朝日新聞が
その誤報虚報の記事を撤回せざるを得なくなりました。

私たちの先人の「名誉」を守ることが、
日本人として生まれた子供や孫たちの「誇り」につながるのです。

そして「誇り」さえ失わなければ、
人はどんなに厳しい境遇からも立ち上がることができるのです。

これからも山田宏は「日本の名誉回復」への道を拓きます。

★朝日新聞の誤報を糺す

■2014年2月20日 予算委員会 集中審議 山田宏の質疑
https://www.youtube.com/watch?v=hvxYQnJ51zA


平成26年2月20日 衆議院予算委員会集中審議で
慰安婦問題に風穴をあける山田宏。
石原信雄元官房副長官を参考人として招聘、
朝日新聞の誤報を糺すきっかけとなりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック