2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

第207回 街宣報告(2016/12/10)★ギャンブルの力を借りて経済成長???

kage

2016/12/13 (Tue)

第207回 街頭宣伝活動の御報告(2016/12/10)

街宣報告 テンプレ002

【日時】平成28年12月10日(土)14時〜16時
【場所】名古屋市中村区 JR名古屋駅東口 交番前

本日11名が参加し(弁士は7名)、3つのテーマについて訴え、2種類の署名活動を行いました。

<テーマ>
・政府の移民政策、外国人犯罪の増加、
 外国人参政権に繋がる大村愛知県知事が推進する
「外国人雇用特区」は断固反対!
・中国から尖閣諸島を守れ!尖閣諸島は我が国固有の領土
・中国の日本乗っ取りの第一歩、春節祭反対

<署名>
・朝日新聞を糾す国民会議署名
・大村秀章愛知県知事が進める「外国人雇用特区」反対署名

反対署名運動

街宣報告2016121015010000

街宣報告2016121014570000

街宣報告2016121015350001

★ギャンブルの力を借りて経済成長???

大村知事の進める「外国人雇用特区」は、「外国の力を借りなければ日本は成長できない」という経済的自虐史観がそのベースにあると思いますし、そういった発想自体が非常にさもしく感じられるのです。先日、衆議院で可決されたIR推進法案、いわゆるカジノ法案についても同様のさもしさの念を拭えません。

IRとは統合型リゾート(Integrated Resort)のことであり、マカオやシンガポールにはカジノやホテルなどが一体となったIRに海外からの多数の観光客が集まっています。現行の日本の法制度ではカジノが違法とされているのですが、カジノを合法化してIRを推進すればインバウンドが増えて日本経済が活性化する、というのが推進側の言い分です。

日本には競馬・競輪・競艇・オートレースといった公営のギャンブルがありますが、ギャンブルとはいえども公的機関が庶民に娯楽を与えて集めた収益金を公共の用途に使うわけであって、集めた税金を政府が公共の用途に使うようなものですし、宝くじもその点は変わりがありません。しかし、カジノの場合は公的機関が運営するのではなく民間業者にその運営を任せるわけで、結果的に大変な利権を与えることになってしまいます。

そもそもカジノは「非日常」の空間であってそこにある種の不健全なイメージがつきまとうのは誰もが感じることですし、治安が悪化して、現在でも他国に比べてギャンブル依存症の患者が多いとされる日本においてその問題がよりクローズアップされることになるのは目に見えています。そのような空間を日本において率先して作って、ある特定の業者に巨大な利権を与えるような必要がどこにあるのでしょうか?

このように言うと、カジノ推進者は「海外のカジノには様々な国から大金持ちがやってきて流行っているではないか。日本もそうやってインバウンドを増やすべきだ」といった反論をすることでしょう。しかし、日本はカジノなどに頼らなくても、海外からいくらでも観光客を呼び寄せるだけの魅力のある、世界に誇る文化・伝統を持つ国ですし、日本の澄んだ清らかな文化に魅せられて海外から多くの観光客が日本を訪れています。やはり日本はカジノのようないかがわしいものに手を出すべきではないのです。

さらに、カジノは風紀を乱すだけでなく犯罪の温床にもなってしまうことを指摘しておかなければなりません。カジノの最大の問題点は、マネーロンダリングを防ぐのが非常に難しいということです。誰にいくら勝った・負けたという記録が残らないとなると、カジノで勝った・負けたということにして賄賂を渡すことも簡単に出来てしまうのです。現に、中国共産党の幹部は香港やマカオのカジノで遊んだことにして実際は賄賂を受け取っているという噂がありましたが、習近平がそういった不正の取り締まりを強化したことで香港やマカオのカジノの経営が悪化しているという話も聞きます。

登録制にして現金の持ち込みによる賭けは禁止して、銀行口座を通しての賭けといったシステムにすればトータルの勝ち負けは把握できますし、勝った分に課税することも可能となります。しかし、そうやっても誰にいくら勝った・負けたという情報は残りません。そこまでもガラス張りにするには、チップにIDを仕込むといったことも考えられますが、そんな「綺麗なカジノ」に果たして客が来るだろうかと考えると、これは流行らないだろうなと思わざるを得ません。また、銀行口座を通してとなると、カジノで負けた客が銀行から借金してまでも取り返そうとするケースも出てくるでしょうし、多重債務の問題が叫ばれることになるでしょう。

参議院にはカジノ法案に慎重な先生が多いと聞きます。こんな法案が通ることのないよう、そういった先生を応援いたします。

【宇都隆史】IR法の現状、その位置づけと問題点[桜H28/12/9]
https://www.youtube.com/watch?v=00S3vg6WamI


「カジノ法案の問題点」西田ビジョン特別編
https://www.youtube.com/watch?v=_W7lgJnH51U&feature=youtu.be


結局、ギャンブルの力を借りて経済成長しようなどといった考え自体が不健全なのであります。国会においては、国民・国家を中心に据えた、もっと真面目な議論をしていただきたく思います。

(報告者Y.U)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200


■頑張れ日本!全国行動委員会(東京本部)公式サイト
頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

チャンネル桜(株式会社日本文化チャンネル桜)
sakura 167b

Youtube
chsakura_youtube_201611221323191e7.gif

ニコニコチャンネル
niconico sakura
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック