2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:お知らせ の記事リスト(エントリー順)

【2017.1.22 講演会】メディアが必死に守るものの正体【主催:放送法遵守を求める視聴者の会】会場:名古屋

kage

2017/01/16 (Mon)

講演会のお知らせ

【2017.1.22 】メディアが必死に守るものの正体
【主催:放送法遵守を求める視聴者の会】
会場:愛知県 名古屋市
   TKPガーデンシティPREMIUM名駅桜通口(ダイヤビル3号館)

画像拡大
メディアが必死に守るものの正体 500ロゴ入り

[講演会のお知らせ]

放送法遵守を求める視聴者の会 主催講演会 満を持して開催!! in 名古屋◀

演題:メディアが必死に守るものの正体
講演者:山岡 鉄秀 氏

    Japan Community Network(AJCN)代表
    放送法遵守を求める視聴者の会 事務局次長
    歴史認識問題研究会 事務局次長

日時:平成29年1月22日(日)
   13:00〜16:00(開場12:45)
会場:TKPガーデンシティPREMIUM名駅桜通口

アクセス)愛知県名古屋市中村区中村区名駅3丁目13−5

参加費:1,000円 + 懇親会あり!(懇親会は別途料金頂きます)

主催:放送法遵守を求める視聴者の会
・事務局(月〜金 10:00〜18:00)
・TEL 03-6869-8116
・mail housouhou@excite.co.jp

放送法遵守を求める視聴者の会 W 50


協力:日本会議愛知
   日本世論の会 愛知県支部
   頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部

__________

山岡鉄秀 ASCN代表 300

山岡 鉄秀(やまおか てつひで)プロフィール

1965年、東京都生まれ。
中央大学卒業後、シドニー大学大学院、ニューサウスウェールズ大学大学院修士。
背信シリーズ」でお馴染みの月刊「Hanada」、
月刊「正論」などでグローバルな視野と不快分析に酔いしれる読者続出!

Japan Community Network(AJCN)代表
(オーストラリア・ジャパン コミュニティ・ネットワーク)
シドニー在住豪州ストラスフィールド市における中韓反日団体による慰安婦像設置推進運動に遭遇し、地元の母親を率いてJCNを結成。地域社会融和の大切さを訴えて市議会に設置可決を見送らせた。

★iRONNAより>『月刊正論』 2015年2月号「豪州の慰安婦像はこうやって阻止した」 
http://ironna.jp/article/961
_________________

産経新聞 2016.4.1 「視聴者の会」がTBS安保報道に「放送法違反」声明 田原総一朗氏は討論会出席の意向
http://www.sankei.com/entertainments/news/160401/ent1604010022-n1.html

産経新聞 2016.6.17【テレビ報道と放送法・公開討論(上)】
小川榮太郎氏「現状は政治プロパガンダ」、岩崎貞明氏「メディアは追い込まれている」
http://www.sankei.com/entertainments/news/160616/ent1606160006-n1.html

The Huffington Post 2016年04月07日 
『放送法遵守を求める視聴者の会』をTBSが批判 「民主主義に対する重大な挑戦」
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/06/tbs-broadcast-act_n_9630136.html
_________________

_________________

■放送法遵守を求める視聴者の会

所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-5-3 大和屋第二ビル4階
TEL 03-6869-8116
FAX 03-6800-1780
mail housouhou@excite.co.jp

HP http://snowlion-test2.link
twitter https://mobile.twitter.com/housouhou
Facebook https://ja-jp.facebook.com/housouhou/

■Youtube 放送法遵守を求める視聴者の会
kouheisei housouhou
https://www.youtube.com/channel/UCgLea32mOM4zI9V4qEEwcbw
放送法遵守を求める視聴者の会 W 50

■代表呼びかけ人:すぎやまこういち(作曲家、指揮者)
呼びかけ人:渡辺昇一(英語学者、評論家)、鍵山秀三郎(イエローハット創業者)、渡辺利夫(日本安全保障・危機 管理学会会長)、ケント・ギルバート(カリフォルニア州法弁護士、タレント)、上念司(経済評論家)、小川榮太郎(文芸評論家)
放送法遵守を求める 呼びかけ人 B500

■2015年 意見広告 
 A4版 http://snowlion-test2.link/assets/yomiuri-20151115.pdf
2015  意見広告 遵守 視聴者の会

Wiki 放送法遵守を求める視聴者の会
[放送法遵守を求める視聴者の会 賛同者]
青山繁晴(独立総合研究所 社長)
青山武憲(憲法学者)
浅野一郎(法学者)
浅野善治(憲法学者)
荒木田修(弁護士)
安藤豊(教育学者)
安保克也(憲法学者)
大高未貴(ジャーナリスト)
石川真理子(作家)
石田榮仁郎(弁護士)
市田ひろみ(服飾評論家)
伊藤哲夫(日本政策研究センター代表)
井上雅夫(文学者)
潮匡人(軍事評論家)
宇野茂彦(中国文学者)
梅澤昇平(政治学者)
梅原克彦(元仙台市長)
エドワーズ博美(日本語講師)
大西達夫(弁護士)
岡野俊昭(元銚子市長)
小川和久(軍事アナリスト)
尾崎幸廣(弁護士)
呉善花(日本評論家)
小田村四郎(明成社社長)
小山和伸(経済学者)
加瀬英明(外交評論家)
勝岡寛次(歴史学者)
勝間和代(経済評論家)
勝俣幸洋(弁護士)
加藤栄一(行政学者)
河田勝夫(弁護士)
小林道憲(哲学者)
小林路義(鈴鹿国際大学名誉教授)
小堀桂一郎(比較文学者)
坂本治久(工学者)
佐々淳行(危機管理評論家)
佐瀬昌盛(国際政治学者)
四方輝夫(ジャーナリスト)
石平(中国問題評論家)
髙池勝彦(弁護士)
高木桂蔵(文化人類学者)
田中善信(弁護士)
俵孝太郎(政治評論家)
土田龍太郎(インド文学者)
徳永信一(弁護士)
中垣昇(中京大学名誉教授)
中村尚吾(弁護士)
西尾幹二(評論家)
西岡力(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会代表)
西修(憲法学者)
西原正(平和安全保障研究所理事長)
西元徹也(軍事評論家)
芳賀綏(日本語学者)
畠山省四朗(工学者)
馬場正裕(弁護士)
濱口和久(安全保障研究家)
浜田正夫(弁護士)
浜谷英博(憲法学者)
原洋司(弁護士)
東中野修道(歴史学者)
平間洋一(歴史学者)
廣池幹堂(公益社団法人モラロジー研究所理事長)
福田逸(演出家)
福留民夫(文京学院大学名誉教授)
ペマ・ギャルポ(国際政治学者)
堀内恭彦(弁護士)
増田次郎(弁護士)
松井嘉和(日本語学者)
松浦光修(歴史学者)
松尾新吾(九州電力相談役、日本会議福岡本部会長)
松尾千秋(弁護士)
松原久(やまと新聞記者)
丸山敏秋(一般社団法人倫理研究所理事長)
水谷研治(経済学者)
溝口敦(作家、ジャーナリスト)
宮崎正弘(ジャーナリスト)
宮脇淳子(歴史学者)
茂木弘道(史実を世界に発信する会事務局長)
森敬惠(ソプラノ歌手)
森野安弘(軍事評論家)
山村明義(ジャーナリスト)
吉田好克(ヨーロッパ文学者)
_________________
_________________

■歴史認識問題研究会
Historical Awareness Research Committee
http://harc.tokyo/?p=137

産経新聞 2016.11.30
高橋史朗氏「慰安婦文書の申請書は米公文書と矛盾」 歴史認識問題研究会シンポジウム
http://www.sankei.com/politics/news/161130/plt1611300047-n1.html
_________________

Japan Community Network(AJCN)
(オーストラリア・ジャパン コミュニティ・ネットワーク)
シドニー在住豪州ストラスフィールド市における中韓反日団体による慰安婦像設置推進運動に遭遇し、地元の母親を率いてJCNを結成。地域社会融和の大切さを訴えて市議会に設置可決を見送らせた。

★iRONNAより>『月刊正論』 2015年2月号「豪州の慰安婦像はこうやって阻止した」 
http://ironna.jp/article/961
_________________

_________________

_________________
【2017.1.22 講演会】メディアが必死に守るものの正体【主催:放送法遵守を求める視聴者の会】会場:名古屋

【2016.9.25】新しい歴史教科書をつくる会・愛知県支部総会 記念講演のご案内

kage

2016/09/16 (Fri)

新しい歴史教科書をつくる会・愛知県支部総会
記念講演のご案内


藤岡信勝 20_04_00

日時 28年9月25日(日) 午後2時~
会場 ウィンクあいち10F1004号
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
講師 藤岡信勝氏
会費 無料

教育は国家の基本です。
教科書問題、採択の現状など、現在の日本が抱える問題点を、
その道の第一人者である藤岡信勝氏にお話しいただきます。
 
講演及び質疑応答が終わるのは大体4時前後の予定です。

講演終了後休憩をはさんで
つくる会愛知県支部の活動報告等がありますが、
そのご参加は任意です。

============
============
============

平成24年4月30日 新しい歴史教科書をつくる会・愛知県支部 記念講演会
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-254.html

============

2016.6.5 合同総会&記念講演会のお知らせ
(演題:戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ)
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-629.html
平成28年度 合同総会・記念講演会
・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・中国への名城住宅跡地売却に反対する会
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部

============

【2016.7.8 東京】山田 宏(やまだ ひろし)総決起大会(個人演説会)★★★

kage

2016/07/06 (Wed)

山田宏20160708演説会

japa001s_20160711155412337.gif

YAhoo! 参議院選挙2016>比例代表>自由民主党(当選)山田宏

【2016.7.8 東京】
山田 宏(やまだ ひろし)
総決起大会(個人演説会)

日時 7月8日(金)
   18:30-20:00(開場18:00) 

場所 セシオン杉並(社会教育センター) ホール


東京都 杉並区 梅里1-22-32(東京メトロ 東高円寺駅 徒歩5分)

応援弁士:下村 博文 (しもむら はくぶん)前文部科学大臣
     丸川 珠代 (まるかわ たまよ)環境大臣 ほか


山田宏公式サイト
https://www.yamadahiroshi.com/message.html


「教育」の道を拓く

山田宏は、知識や技術の教育だけでなく、
人格を高める教育のためには、
自虐的な歴史教育をやめて、
日本人として生まれたことに誇りの持てるような
歴史教育に転換すべきと考え、
2005年全国の市区町村では初めて公立中学校での
「新しい歴史教科書」の採択を行いました。

■静まる成人式~杉並区長時代の山田宏の『英霊の遺書』講演
https://www.youtube.com/watch?v=XxNvKkN4644


11年間の杉並区長としての成人式で、
毎年山田宏区長(当時)は、親への感謝、
そして­多くの先人達への感謝から成人が始まると、
『英霊の遺書』を紹介。
この感動的な成人式は政治評論家の故・三宅久之氏も大絶賛しました。

★「日本の名誉回復」への道を拓く

「歴史問題」は、わが国にとっては「今日問題」です。
歴史が歴史家の範疇である限りは問題ありませんが、
政治によって歴史を歪め捏造し、
それを利用してわが国を貶めようという国内外の策謀に対しては、
政治家ならば断固として「日本の名誉」を守る義務があります。

なぜなら、歪められ捏造された歴史によって、
わが国の青少年がいつまでも卑屈になり、
また退廃に流れることを阻止することは、
政治家の最も大事な責務の一つと考えるからです。

山田宏は、平成26(2014)年2月の衆議院予算委員会で
「慰安婦問題」を取り上げ、「河野談話」作成の事務責任者であった
石原信雄元官房副長官に対する参考人質疑を行いました。

その結果「河野談話」が根拠薄弱の
「政治文書」であったことが初めて明らかになり、
その後「慰安婦問題」に火をつけた朝日新聞が
その誤報虚報の記事を撤回せざるを得なくなりました。

私たちの先人の「名誉」を守ることが、
日本人として生まれた子供や孫たちの「誇り」につながるのです。

そして「誇り」さえ失わなければ、
人はどんなに厳しい境遇からも立ち上がることができるのです。

これからも山田宏は「日本の名誉回復」への道を拓きます。

★朝日新聞の誤報を糺す

■2014年2月20日 予算委員会 集中審議 山田宏の質疑
https://www.youtube.com/watch?v=hvxYQnJ51zA


平成26年2月20日 衆議院予算委員会集中審議で
慰安婦問題に風穴をあける山田宏。
石原信雄元官房副長官を参考人として招聘、
朝日新聞の誤報を糺すきっかけとなりました。

【2016.6.26 名古屋】山田宏(やまだ ひろし)中部地区講演会

kage

2016/06/22 (Wed)

【2016.6.26 名古屋】山田宏(やまだ ひろし)中部地区講演会


(画像>大判)
山田宏 20160626

◆山田宏 公式HP
https://www.yamadahiroshi.com


前杉並区長・自民党参議院比例代表(全国区)支部長
山田宏(やまだ ひろし)中部地区講演会


日時:平成28年6月26日(日)13:00〜(開場12:30〜)
会場:YKP名古屋駅前カンファレンスセンター8階ホール
★入場無料

ご参加申し込み票を事前にFAXいただくか、
ご記入の上、当日、受付までご持参ください。
【送信先FAX058-269-4035】
http://blog-imgs-95.fc2.com/g/a/n/ganbarenihonaichi/201606200225238fc.jpg

お問い合わせ先:後援会東海地区幹事 長谷川
携帯090-9125-9717
電話03-5355-7891

◆山田宏 公式HP
https://www.yamadahiroshi.com

◆静まる成人式~杉並区長時代の山田宏の『英霊の遺書』講演

>2015/12/08 に公開
>11年間の杉並区長としての成人式で、
>毎年山田宏区長(当時)は、親への感謝、
>そして­多くの先人達への感謝から成人が始まると、『英霊の遺書』を紹介。
>この感動的な成人式は政治評論家の故・三宅久之氏も大絶賛した。

◆田宏 人口減少問題を考える~本編~

>2015/12/08 に公開
>人口減少問題は、今最も力を注ぐべき問題だと考えています。
>少子高齢化が進むと‥労働人口が継続的に減少し、経済は縮小され、行政サービスも低下­。
>さらに国防、外交、治安など国内外の安全を維持する費用の捻出もままならなくなり、国­民の安全も脅かされます。
>出生率の低下に歯止めをかけないと、わが国は衰退するばかりです。
>そんな現状の中での山田宏の人口減少を食い止めるための政策提案をぜひご覧ください。
________________

【講演会2016/ 5/8】第二回 21世紀 国づくりフォーラム in 多治見【宮崎正弘・三輪和雄】岐阜県多治見市

kage

2016/02/17 (Wed)

*多治見支部からのお知らせです。



【講演会2016/ 5/8】第2回 21世紀 国づくりフォーラム in 多治見【宮崎正弘・三輪和雄】

水色

講演会のお知らせ

【日 時】平成28年5月8日(日)
     午後1時30分〜4時30分 開場1時

【入場料】1,000円

【懇親会】5時より 5,000円を予定(希望者)

テーマ・中国崩壊・そのとき日本は!
   ・参議院選挙を控ての政局動向

講師 宮崎 正弘 氏
   作家、ジャーナリスト
   拓殖大学日本文化研究所客員教授
   石川県金沢市出身【H  P】http://miyazaki.xii.jp

【書籍】
『突然死の危機に陥る中国と韓国:悪あがきを繰り返し』(共著、2016.1.29)
『中国壊死 百年変わらない腐敗の末路』(共著、2015.11.20)
『中国の終わり」にいよいよ備え始めた世界』(2015.10.29)
『私たちの予測した通り、いよいよ自壊する中国!』(共著、2015.10.23)
   

講師 三輪 和雄 氏
   日本世論の会 会長  正論の会 代表
   日本文化チャンネル桜 キャスター
   頑張れ日本!全国行動委員会 常任幹事

会場 多治見市産業文化センター 3F 大会議室
   (岐阜県多治見市新町1-23)

問い合わせ・連絡先 小笠原 090-1562-8592



主催:頑張れ日本!全国行動委員会 多治見支部
後援:日本会議 岐阜県本部

去年(2015年 第一回)
【講演会 5/10】21世紀 国づくりフォーラム in 多治見【三輪和雄】主催:多治見支部

頑張れ日本!全国行動委員会 東京本部
http://www.ganbare-nippon.net