2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

【5/27】第218回 街宣(31回ポスティング)のお知らせ★売国 民進党をぶっ潰せ!

kage

2017/05/20 (Sat)

たなびく 国旗 M 

平成29年(5月)[ポスティング活動]★売国 民進党をぶっ潰せ!

落選運動 003 柿色 350

【5/27】第218回 街宣(31回ポスティング)のお知らせ

(落選運動▶愛知3区・近藤昭一)

引き続き近藤昭一議員の落選運動です。
移民反対等のチラシも同時に配ります。

個人的にやってくださる方はご連絡ください。
ちらしと地図を送ります。


日時 2017年5月27日(土)午後2時より​
集合場所 地下鉄 植田駅3番出口すぐ前  植田公園


愛知3区は民進党と共産党が共闘し、共産党が候補者を出すのを見送ると言われています。自民党の候補を比例復活させない戦略です。もしそんなことになったら、名古屋は日本中の物笑いの種になるでしょう。

彼は民進党(旧・民主党)の権化のような議員です。

市民と称する左巻きと一緒に、
未だに安保法制反対、
安倍政治を許さない、
戦争法案反対、
憲法九条を守れ、
特定秘密保護法反対、
原発ゼロと、叫んでいます。

もちろん、中国様、韓国様に大人気!
中国様にはしょっちゅうお出かけのようです。

近藤昭一 中国人強制連行・三菱マテリアル訴訟和解報告集会に参加

中国から、戦時中に強制連行され、過酷な労働を強いられたとして訴えられていた三菱マテリアルは、愚かにも昨年6月1日、中国人原告団と和解しました。
「劣悪な条件下で労働を強いた」「中国人労働者の人権が侵害された歴史的事実を率直かつ誠実に認め」「使用者としての歴史的責任を認め」「深甚なる謝罪の意を表」し、「基金に拠出」し、「記念碑の建立に協力」すると、謝罪しました。

それを機に、昨年12月鹿島建設が訴えられました。
今後もこの種の訴訟が次々に起こされることは間違いないでしょう。

つまり、三菱マテの和解は、
(1)三菱以外の企業に広げる
(2)韓国人・朝鮮人の問題に波及させる
(3)日本政府の責任を明確にするための第一歩だったのです。

昨年10月6日、参院議員会館での「中国人強制連行・三菱マテリアル訴訟和解報告集会」で、それが確認されましたが、その集会に社民党の福島瑞穂、共産党の清水忠史、本村伸子、民進党の藤田幸久氏らとともに、近藤昭一が参加していました。

やはり近藤昭一は、中国の利益を第一に考える売国奴です。

____________

産経新聞 2017.1.9【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
・三菱マテリアルの和解はやはり「追及」の始まりだった…官民協力して真実を国際社会に知らしめよ

http://www.sankei.com/premium/news/170108/prm1701080039-n1.html
>早速きたか、というのが私の感想だ。
>昨年12月6日、中国人元労働者と遺族27人が北京市第三中級人民法院(地方裁判所)に鹿島建設を提訴した。
>第二次大戦中に日本に強制連行され苛酷な労働を強いられたという元労働者に謝罪し、1人100万元(約1650万円)を払えとの内容だ。
____________

どうしてこんな日本に害しかもたらさないない人物が、
議員バッチを付けていられるのでしょうか。

名古屋の恥!愛知の恥!日本の恥だ!

▶大村 愛知県知事が推進する『外国人雇用特区』反対!
▶日本に移民はいらない
▶安易な 外国人労働者 受け入れは 危険!
▶グローバリズムが日本を滅ぼす​


連絡先
080-1629-8080(林) 
090-7034-3280(水野)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

ポスティングのチラシ

ちらし>近藤昭一 落選ポス
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-695.html
近藤昭一 2017 002222 blog

ちらし>移民はいらない 愛知県版
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-662.html
blog500_移民はいらない愛知県版
関連記事

2017.6.25 合同総会&記念講演会のお知らせ(講師:石平 氏 演題:習政権の国際戦略と米中対立の行方)

kage

2017/05/18 (Thu)

お知らせ【2017.6.25】平成29年度 合同総会・記念講演会

022

画像拡大

A4サイズのチラシはこちら
    ↓
◎手作りチラシ集積サイトのうpろだ2
http://ux.getuploader.com/chirasihokanko/
    ↓
ダウンロード[修正版2017_0625_世論_合同総会_ゲスト石平 氏

お知らせ【2017.6.25】
平成29年度 合同総会・記念講演会


・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部

記念講演 
演題「習政権の国際戦略と米中対立の行方」
講師 石平(せき へい)氏

(プロフィール、関連動画は下段↓)

日時
平成29年6月25日(日)
午後2時〜(開場1時30分より)
・総会    午後2時〜
・記念講演会 午後2時45分〜


会場
愛知県産業労働センター ウィンクあいち 小ホール2
〒450-0002 名古屋市 中村区 名駅4−4−38
(会場)電話 052-571-6131
(地図)http://www.winc-aichi.jp/access/
★名古屋駅前 ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

会費
・講演入場料 1,000円 

※講演後、懇親会があります(希望者のみ)
・懇親会 5,000円
・講演会+懇親会=6,000円

※当日、直接会場においでいただいても、入場できます。

お申し込み先 
FAX 052-811-2660
メール ganbare.aichi@gmail.com
電話 080-1629-8080(林) 
   090-7034-3280(水野)

主催
・日本世論の会 愛知支部
・頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
・チャンネル桜を支援する会 愛知県支部
後援
・日本会議 愛知県本部

=============

石平 カラー

◎石 平(せき へい)氏
[プロフィール]評論家 
1962年 中国 四川省生まれ
1966年 教師だった両親が大学から追放され、農場へ「下放」された
1980年 北京大学入学  1988年 留学のために来日 
    天安門事件をきっかけに中華人民共和国と「精神的決別」
2007年末 帰化 2008年4月より拓殖大学客員教授
現在、日中問題・中国問題中心に、執筆、講演・テレビ出演などの言論活動を展開している

[著書]
・「カエルの楽園」が地獄と化す日
・なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか 
  わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 
・トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突
・リベラルの中国認識が日本を滅ぼす 日中関係とプロパガンダ
・習近平が中国共産党を殺す時 日本と米国から見えた「2017年のクーデター」 
・「トランプ大統領」から始まる中国大乱世界が地獄を見る時
   〜日・米・台の連携で中華帝国を撃て
・狂気の沙汰の習近平体制 黒い報告書・韓民族こそ歴史の加害者である 等多数


チャンネル桜◆日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」2017

【討論】どうなる!?中国の政治・軍事・経済[桜H29/3/25]
https://www.youtube.com/watch?v=CZ2VcR5aBXQ

パネリスト:
 石平(評論家)
 田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)
 野口裕之(産経新聞政治部専門委員)
 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
 福島香織(ジャーナリスト)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総

=============

たなびく 国旗 M

頑張れ日本300愛知kuro2

=============

[過去の講演会]


◆平成28年

藤岡信勝 20_04_01 b

2016.6.5 講師:藤岡信勝 氏 演題:戦後70年『歴史戦』の敗戦から反転攻勢へ
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-629.html
合同総会報告書 //// “国連神話”から目覚めよ日本!
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-637.html

◆平成27年

 講師 馬渕睦夫 02
2015.6.7  講師:馬渕睦夫 氏 演題:世界はアルマゲドンに突入した
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-540.html
合同総会報告書
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-542.html

◆平成26年

三輪和雄 03 白黒

佐波優子 03白黒

2014.6.1演題
・三輪和雄氏「都知事選に見る保守の新潮流」
・佐波優子氏「先人への思いを感謝に変えて~日本人の心に流れる優しさ」
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-436.html
合同総会報告書
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com/blog-entry-444.html
関連記事

第216回 街頭宣伝活動 in 名古屋 のご報告(2017/05/13)

kage

2017/05/16 (Tue)

========
◎日テレニュース[最新!北朝鮮事情]
http://www.news24.jp/feature/83/feature83_01.html
2017年5月15日 19:35
米機関 北ミサイル「これまでにない性能」
アメリカの研究機関は14日、北朝鮮が発射したミサイルについて、開発中のICBM(=大陸間弾道ミサイル)を改造した新型の中距離弾道ミサイルであるとの見方を示した。
========
チャンネル桜日本よ、今、、、闘論!倒論!討論!
【討論】迫る戦争の危機!その時日本は[桜H29/4/29]
【討論】迫る戦争の危機!その時日本は Part2[桜H29/5/6]
========
第216回 街頭宣伝活動の御報告(2017/05/13)

たなびく 国旗 M

街宣報告 テンプレ004

第216回 街頭宣伝活動の御報告(2017/05/13)

日時】平成29年05月13日(土)14時〜16時
【場所】名古屋市中村区 JR名古屋駅東口 交番前

本日9名が参加し(弁士は4名)、3つのテーマについて訴え、2種類の署名活動を行いました。本日は予報では大雨だったのですが、幸運にも雨に降られることもなく、署名もたくさん集まりました。署名にご協力していただいた皆様には心より感謝申し上げます。

<テーマ>
・政府の移民政策、外国人犯罪の増加、外国人参政権に繋がる大村愛知県知事が推進する「外国人雇用特区」は断固反対!
外国人雇用特区反対 500 022


・中国から尖閣諸島を守れ!尖閣諸島は我が国固有の領土
尖閣諸島を守れ 500 02

・南京大虐殺はなかった!
南京大虐殺はなかった 500 02


<署名>
・朝日新聞を糾す国民会議署名
022_朝日新聞ボード 250

・大村秀章愛知県知事が進める「外国人雇用特区」反対署名
250_移民はいらない愛知県版

〜〜〜〜〜〜〜

★街宣活動をしていると我々に「頑張って」と声をかけてくださる方がいて、そんな時は本当に勇気づけられます。

しかし、ほとんどの人は「そんなの関係ねぇ」と無関心を決め込んで我々の前を素知らぬ顔をして通り過ぎて行きます。休日に名古屋駅に繰り出してショッピングや食事を楽しむのも大いに結構です。しかし、「自分の国は自分で守る」といった気持ちをどこかに持っていてもらいたいのです。国防の意識を持って自らがその責務を背負うという覚悟を持つことが国民としての第一条件ですし、そのような覚悟を持った人にのみ真に政治に参加する権利が与えられると思うのです。

昨今の朝鮮半島情勢は非常に緊迫していますし、北朝鮮が何をするのか予断を許さない状況です。そんな状況下にもかかわらず、政治に無関心を決め込んで名古屋駅を道行く大量の人々を見ていると、「この人たちを覚醒させるために、北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んで大量の死者が出るような状況になってくれないか」と、不謹慎ながらもそのような考えを抱いてしまうのです。戦前の日本人はこんな体たらくではなかったはずです。何故、戦後日本人はここまで劣化してしまったのでしょう。

戦後アメリカに占領され、GHQによって社会の制度が変えられました。GHQは二度と日本が刃向かうことのないよう「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と謳う世界一恥さらしな現行憲法を押し付け、「あの戦争を戦った日本は悪かった」という東京裁判史観を植え付け、日本精神の象徴とも言うべき教育勅語を廃止しました。これら占領中に作られた制度・仕組み・価値観が「戦後レジーム」なのです。我々の今生きている社会がGHQによって押し付けられたいびつな空間なのだという自覚があればこれを取っ払わなければならないという気にもなりますが、ところが多くの国民にはその自覚すらありません。朝日新聞などは戦後レジームの申し子とでもいうべき存在ですが、戦後レジームは至るところにありますし、個別具体的にモグラ叩きをしても意味がありません。例えて言うと、戦後日本は「サファリパーク」なのですし、我々はそこから出なければなりません。なぜ今このようなおかしな状況なっているのだ、と国民に自覚してもらわなければならないのです。

動物園とサファリパークは両方とも檻がありますし、動物はそこから自由に出られません。しかし、サファリパークは檻が目の前にないので、中にいる動物は捕らわれの身であることを知らないかもしれません。しかし実際は管理された世界であり、見えない檻の中で生きているのです。その見えない檻のお蔭で、天敵もいなくて安全です。しかも餌も毎日与えられますから豊かです。安全で豊かで、見せかけではありますが自由もある、というのがサファリパークです。しかしこれは管理人がいるからこそ成り立つのであっ て、管理人がいなくなるとこの体制は終わってしまいます。バブルの時に沢山のサファリパークが出来ました。どこかのサファリパークが倒産して、動物に餌が与えられずに餓死したというニュースがありましたが、同じことが日本にも当てはまります。占領体制時にアメリカが日本のサファリパークを作りました。占領期間が終わっても、日本の為政者たち(その多くは自民党でした)は、アメリカが作ったサファリパーク体制をずっと守ろうとしました。しかしその仕組みではもう日本は成り立たないのです。

アメリカとソ連が熾烈な覇権争いをしていた冷戦時代は北朝鮮のような国が暴走するようなことはありませんでした。二大大国が対立することでパワーバランスが保たれて表面上は平和な時代であったと言えますが、今ではソ連が崩壊してロシアとなり、冷戦時代は弱小国であった中国が今では世界第二位の経済大国にまでのし上がり、尖閣問題をはじめとして日本に対しても牙を剥く状況となっています。ただ平和を唱えれば済むといった時代はとうの昔に過ぎ去っているのだ、と日本人はもうそろそろ気付かなければなりません。

戦後レジームという見えない檻・サファリパークは見せかけではありますが、日本を豊かで安全な国にしました。しかしそれは閉じ込められた世界であり、これを我々は乗り越えなければなりません。戦後の常識と思われていたことが、実は非常識だったのです。戦後から今に至る期間は長い日本の歴史の中で例外的な期間なのです。皆がこのことに気付き、催眠から覚めた時に、戦後レジームから脱却したと言えます。自分達で考え自分達で行動し、何のタブーもなしに当たり前のことができるようになるのが、戦後レジームからの脱却なのです。そうなるのは簡単なことではありませんし、ものすごく長い時間がかかります。70年以上もの間このことを疑問にも感じずに賞賛すらしてきました。このサファリパーク体制は立派なものだ、と自民党も教えてきました。これを乗り越えるのは並大抵ではありません。しかし乗り越えていかないと我々の未来はないのです。

平和安全法制の時の国会の議論を見るとよくわかりますが、国会議員ですら自分の国は自分で守るといった気概を持たない平和ボケな思考回路を持つ人がたくさんいるのには呆れてしまいます。現在、テロ等準備罪の議論が国会においてされていますが、国民の生命・財産・名誉を守るのが国会議員の使命でありますし、そういった覚悟の上での議論が本来はなされるべきです。そのためにはきちんとした法整備が必要ですし、国全体のことを考えるがゆえに時として国民の主権に制限をかけるケースも当然のことながらあり得ることを国民も理解しなければなりません。

北朝鮮危機、これからどのようになるか予想もなかなか難しいのですが、今こそ覚悟を持って自分の国を守るにはどうしたらよいかという議論を始める時であります。微力ではありますが、その一助となればという気持ちでこれからも活動を続けたく思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【討論】迫る戦争の危機!その時日本は[桜H29/4/29]
https://www.youtube.com/watch?v=BMY1Ko75R4k&t=3337s


パネリスト:
 荒木和博(特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授)
 潮匡人(評論家)
 鍜冶俊樹(軍事ジャーナリスト)
 篠原常一郎(軍事評論家・元日本共産党国会議員秘書)
 野口裕之(産経新聞政治部専門委員)
 本村久郎(元航空自衛隊幹部学校教育部長)
司会:水島総

【討論】迫る戦争の危機!その時日本は Part2[桜H29/5/6]
https://www.youtube.com/watch?v=oAzoVTIvxDo


パネリスト:
 川村純彦(川村研究所代表・元海将補)
 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長)
 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
 三橋貴明(経世論研究所所長)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将)
司会:水島総
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(報告者Y.U)

【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
関連記事

第216回[2017-05-13]街頭宣伝活動 in 名古屋 のお知らせ

kage

2017/05/06 (Sat)

たなびく 国旗 M

街宣(5月)
街宣活動 テンプレ0022

第216回街頭宣伝活動 in 名古屋のお知らせ

 5月第2週の定例街宣のテーマは

 ・ 政府の移民政策、外国人犯罪の増加、外国人参政権に繋がる
   大村愛知県知事が推進する「外国人雇用特区」は断固反対!

 ・ 中国から尖閣諸島を守れ!
   尖閣諸島は我が国固有の領土

 ・ 南京大虐殺はなかった!

また、慰安婦強制連行の捏造歪曲報道に抗議する朝日新聞を糺す百万人署名と
愛知県の外国人雇用特区反対署名活動、チラシ配布も並行して行います。

お時間許す方はご参加お願い致します。 

【日時】 平成29年5月13日(土) 14時~16時 ※雨天決行
【場所】 名古屋市中村区 JR名古屋駅東口交番前

【主催】 頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
       
【当日責任者】 吉川 090-3303-2041
関連記事

懇親会の御報告(2017/04/23)※23日が名古屋市長選挙のため今月(22日)のポスティング活動はお休み

kage

2017/04/25 (Tue)

懇親会の御報告(2017/04/23)

※23日が名古屋市長選挙のため今月(22日)のポスティング活動はお休み

【日時】平成29年04月22日(土)14時〜16時
【場所】熱田生涯学習センター



9名が参加し、楽しくおしゃべりをしながら、ちらし折等の作業を行いました。

名古屋市民の皆様、名古屋市長選には行かれましたか?現職の河村たかし氏の4選なるか、と我々もおしゃべりしながらいろいろと情報交換しました。今回、河村たかし氏が4選を果たされましたが、河村市長は名古屋のトップとして相応しい人物なのかどうか、ちょっと考えてみたいと思います。

河村市長は「議員はラーメン屋のオヤジになれ」と言ってはばからない人物です。「まずいラーメン屋、経営努力をせんラーメン屋はどんどん潰れていくように、政治の世界でもええ政治をやらなんだら、誰も見向きもせんようになる。そしてその議員は路頭に迷うような、そういうシステムを作っていけばいいと思うとる」と、『名古屋から革命を起こす!』という著作で述べていますが、はっきり言って政治をなめているとしか言いようがありません。社会に責任を持たない無知な大衆の要求は必ずや無限大となり、それに乗っかって大衆に迎合する政治家の出現によって国は滅ぶという、古今東西変わらない法則があるのですよ、河村市長。

紀元前のローマ帝国では、社会をうまく運営できずに大量の貧民が生まれてしまい、貧民となったローマ市民は「シビル・ミニマム」(市民の最低要求)を要求し始めました。これに対応するのは政治の仕事であるのはもちろんですが、そういった社会福祉は次の発展にはつながりません。貧民が生まれる構造に手当をせずに貧民に直接手当をしても、貧民の数は減らないどころか増えるだけの結果になるのは当たり前の話です。しかしローマでは、政治家はシステム的展望を示すことなくローマ市民の要求にただただ応じるのみでした。

人は、求めれば与えられる環境に浸ってしまうと、その要求は必ず無限に拡大するのです。ローマ市民の場合は「パンとサーカス」を要求しました。生きるためのパンはともかく、サーカスという見世物を要求するとは一体どんな了見なのでしょうか?なぜ、そのようなものが「シビル・ミニマム」に入ってくるのでしょう?それは、ローマ市民は働けないから時間が余るので、その時間を潰すために要求されたのです!

コロセウムでは、ローマ市民の希望に沿うために人の殺し合いや人と動物の殺し合いが演じられました。政治家は大衆の人気を得るために、自宅の前に群れをなすローマ市民にパンを与えなければなりませんでした。ローマ帝国は、貧民や職のない市民が生まれる構造には真面目に取り組まずに、皇帝クラウディウス(紀元41〜45年)の時代には見世物としての競技などの日数が一年間で93日にまで上がり、しかもそれらは全て公共の費用で賄われました。さらにその後の紀元354年頃には、一年間のうち競技日が175日、休日が200日という無茶なことになっています。社会に責任を持たない無知な大衆の要求は必ずや無限大となり、それに乗っかって大衆に迎合する政治家の出現によって国は滅ぶのです。もちろん、ローマ帝国は滅んでいきました。

このような無限の幼児的かつ幼稚な要求がされた例は枚挙にいとまがなく、紀元前のギリシア文明の末期にはもっと驚くべきかたちで登場しています。政治家ペリクレスは大衆に迎合して、全ての市民が裁判官たれという主張を認め、市民3万人のうちの6000人を裁判官に任命しましたが、なんとその中には子供も混じっていました。この話を聞くと、カンボジアのポル・ポト派の虐殺が、子供を実質上の検察官にしたことが思い出されます。アテネ市民は、スパルタとの戦いに負けたがゆえに苦しいアテネの財政事情など全く考慮せず、福祉年金の垂れ流しや、歴史に名高いテオリコン(見物料)を要求しました。本来はアテネの再建に使うべき金とエネルギーが見世物とただ払いのパンに化けてしまったために、アテネもまた滅んでいきました。

選挙の際は「身を切る改革」などと言って有権者にこびへつらう態度を見せて票を集めようとする候補者が必ずいるものですが、そういった候補者に我々有権者は警戒をしなければなりません。そういった候補者は、大衆の言われるままに「パンとサーカス」を与える人物なのではないですか?また、「議員はラーメン屋のオヤジになれ」とのたまう河村市長は、ラーメンのみならずパンとサーカスも与えかねない人物なのではないですか?「税金を1円でも安く日本最高の福祉をお届け」といった河村市長の言葉に重みがあると感じられますでしょうか?減税日本の減税公約について「財源が明らかでないまま言うのは、人気取り以外の何物でもない」と2011年の愛知県知事選の応援演説で正論をもって批判したのは民進党(旧民主党)の岡田克也でした。しかし、明確な財源を示さないまま「あれやる、これやる」と散々威勢の良いことをいって政権交代を果たした後、「やるやる詐欺」が早々に判明して急速に国民の支持を失ったお前らが言うな、と突っ込みたくもなりますが・・・

名古屋弁を話す面白いオジサン、といった程度の軽い気持ちで河村市長に投票した名古屋市民の皆さんには、よく考えてもらいたいのです。今回は市長選でしたが、名古屋市民は日本国民でもありますし、国会議員を選出するという崇高な義務もあります。国民には国を守る義務がある、という意識を国民が持たなければ、国は成り立ちません。国民に国を守る義務がなければ、誰が国を守るのでしょうか?本来、国を守る義務のある国民にしか政治に参加する資格はありません。政治家がしっかりとしなければならないのはもちろんですが、「政治は自らの生死に関わる問題なのだ。その責任は最終的には自らが負わねばならないのだ」といった自覚を持つ国民のみに、真の主権者としての権利と義務が与えられるべき、と思うのです。

政治は、子供の遊び場ではありません。ともあれ、今回4選を果たされた河村市長には政治に「真面目」に取り組んでいただくことを、一名古屋市民として切に願います。

(報告者Y.U)


第215回 街頭宣伝活動 in 名古屋 のご報告(2017/4/8)


【頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部】
http://ganbarenihonaichi.blog24.fc2.com

頑張れブログプレート_200g

【チャンネル桜】
http://www.ch-sakura.jp
関連記事